虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/20 武満徹ご命日

<<   作成日時 : 2005/02/20 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

私が何か武満徹に関して書けるほど長いファンでもなく、気恥ずかしい思いはするのですが、亡くなられる前日にFM放送で「マタイ受難曲」を聴かれたと読んだ時から、私にとっての武満徹が一段と近寄ってきたような気がしました。

武満徹 1930.10.08. - 1996.02.20.

以下引用
昨日は降りしきる雪を窓越しに眺めながらベッドで横になったまま、ラジオのFM放送でバッハの『マタイ受難曲』を聴いたというのです。そして、「バッハはほんとうにすごいね。なんだか身心ともに癒されたような気がする」と呟きました。武満はかねてから新しい作品にとりかかる前に『マタイ受難曲』のなかの好きなコラールや、最終曲をピアノで弾くというのが長年の儀式のようになっていました。
(略)
亡くなって半年後、九月に東京オペラシティのオープニング・コンサートで、武満の希望通り、サイトウ・キネン・オーケストラにより、小澤征爾さん指揮で『マタイ受難曲』が演奏されました。


(「サイレント・ガーデン―滞院報告・キャロティンの祭典―」新潮社、1999年発行)


「昨日」というのは1996年2月18日。20日に日付が変わって亡くなられました。
文章は奥様の武満浅香さんが書かれたあとがきからの引用です。

私も若い頃にLPを買って何度か「マタイ受難曲」を聴きましたが、長い曲の為、この何十年と聴いたことがなかったのです。本を読んだ時は昔聴いたことを思い出す程度でしたが、この度ミシェル・コルボ指揮による「マタイ受難曲」を聴きに行く為、CDを聞き直していました。確かに武満徹が言われるように“癒される”というか、自分の汚い部分が洗われていくようなすがすがしさを感じました。歳のせいもあるかもしれません。

更に今年のミシェル・コルボの日本公演では2月14日に東京オペラシティでのコンサートもありましたので、公式サイトを訪れると「タケミツメモリアル」という愛称を付加したと書いてありました。そして2006年は没後10年を記念した特別プログラムが開かれるとも書いてありました。行ってみたいです。

武満徹の好きなコラールはきっと72番の「Wenn ich einmal soll scheiden」(いつの日かわれ去り逝くとき)でしょう。(新盤では62番)なぜなら、武満徹のギター曲、フォリオスIIIに一部分使われているのです。(楽譜には72番って書いてあります。)この曲は私の腕にはとても難しいので弾けませんが、何か武満徹の曲を演奏してみたいなと思って、「ギターのための12の歌」から「Over The Rainbow」を練習しています。いつの日か弾ける時が来るでしょう。

リンク:『武満徹 音の河のゆくえ』
武満徹の著書について



2006.7.28.関連記事
【武満徹が最後に聞いた「マタイ受難曲」について】
後に入手した本などからわかったこと。
NHK-FM ヨハネ受難曲(7/27)


2008.6.3. YouTube動画を見つけました。
●YouTube:Takemitsu the last TV appearance(谷川俊太郎)
●YouTube:武満徹が残したものは(立花隆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
武満徹のギター曲〜マタイがのぞく「フォリオス」やビートルズ
武満徹は多くのギター曲を残している。ギターが好きだったそうです。 その中で確かマタイ受難曲のコラールが引用されているのがあった。 「フォリオスIII」という曲。 ...続きを見る
★ 音楽と季節の記♪ ☆
2006/04/18 23:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
はてなダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%CB%FE%C5%B0
こちらの生年月日は間違っています。
でも、武満徹に関するページが一覧できるので便利です。
チコ
2005/02/21 11:47
こんばんは、チコせんせ!
毎度のことで申し訳ございません、ほんと、ご無沙汰してます^^
ブログをはじめられたんですね。すごい。。

さて、私は音楽について、ド素人なんですが、「マタイ受難曲」の名に聞き覚えあり♪
第2部第47曲目<神よ、あわれみたまえ>が収録されているCDを持っているんですよ〜。
久々に聴いてみました。切々と哀しい響き、心に浸みてきます。
せんせの文章を読み読み、、ここはやはり、どっぷりと全部聴いてみたいもの、と思いました。
(ところで、なぜ、<神よ、あわれみたまえ> か、といいますと、私の大好きな
 アンドレイ・タルコフスキー監督の「サクリファイス」という映画のオープニングとエンディングに流れるからなのでした。せんせはこの映画はご存知でしたでしょうか。たしか武満徹さんはタルコフスキーのファンでしたよね。)
それでは、また遊びに、というか、音楽を教わりに参ります^^
おやすみなさい。
絵里子
2005/02/24 01:41
驚きと感動で、なんか涙が出ます…。
絵里子さんご無沙汰しています。
不思議ですねえ…。絵里子さんに対してはギターをあまり教えずに、私がしゃべてるのが楽しかった。そして、タルコフスキーですか!私は武満徹の少し後に知ったので、更に気恥ずかしく、大きな顔してファンと言えなくて、この話題をいつ取り上げようかと迷っていたのです。でもいつか「サクリファイス」のことは書きたいなあと思っています。ちなみにタルコフルキーの全作品のDVDを揃えてしまいました。のめり込みやすい性格です。(^^ゞ
チコ
2005/02/24 16:30
奇遇、わたしもいっちゃん好きな曲「72(62)のコラール」
でですね、むかしMIDI入力して未完成のがあったので
ご紹介しときますけど「何じゃいこのMIDIは?」なんて言わんとってね。
若気(8年前)の至り、許して。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/midipage/bwv24472.mid
仮隠居
2005/02/25 01:14
仮隠居さんも、秘そかに(私が知らないだけ?)色々やっておられるのですねえ!
こんなすごい人もおられるので、紹介しておきますね。
全曲MIDIに作られました。
http://homepage3.nifty.com/chosei/mathdown.htm

「マタイ受難曲」は1曲1曲もきれいですが、今回CDの解説読んだり、何度も聴いたりしてみて、話の流れがわかってくると、絵里子さんの言っておられる「神よ憐れみたまえ」仮隠居さんの言っておられる「コラール」の哀しさをひしひしと感じることができました。それで余計に、武満徹さんが亡くなる前日にこの曲を聴かれたのは、ほんとうに心安らかになられたのではないだろうかと、ある種ほっとしたような気持ちがしました。
チコ
2005/02/25 09:44
遠藤周作さんの「イエスの生涯」をまた読み返してみようと思いました。
kurakittonn
2005/02/25 12:51
!やはり!
ご存知だったのですね、タルコフスキー監督。私も感激です。とても嬉しいです^^
どの作品本当に素晴らしくて、詩であり哲学であり、
音楽も絵画的にも優れていると思います。大好きです。
(DVDが出てるんですね。ビデオテープで持ってますので、
 劣化を気にしつつ大切にケチケチ観てました^^)
武満徹さんについては、知識がなくて。。こちらのご紹介サイトで少しずつ学びますね。

ところで、ブログ名、素敵ですね。さすが!選ばれる言葉がちがうな、って、思いました。
少し心がほっとするような、希望的な感じをうけまして、
意味をお伺いしようと思ったら、、、前の記事に書いておられたんですね^^
雨上がりの空に虹をみつけると、うれしくなります、得したような(笑)
雲、曇りの気分も必要ですし、大切ですよね。
絵里子
2005/02/26 10:17
絵里子さん、こんにちわ。
武満徹の音楽はなかなか難しいので、入りやすいのを少し紹介します。
[翼 武満徹ポップ・ソングス]
石川セリ
これは武満徹が入院中に指示を出しながらCD製作が行われました。
初めてのポップスソングで、出来上がったCDを嬉しそうに病室で聞いておられたとのことでした。(前出の「滞院報告」より)

[武満徹SONGS見えないこども]
保多由子(歌)
武満徹が亡くなった後に作られた歌のCDです。
クラシックの歌い方なので、私にはこちらの方が聞きやすいです。
チコ
2005/02/26 11:03
【文字数制限の為、後の半分を投稿します。】
[武満徹:ギター作品集成]
鈴木大介(ギター)
「ギターのための12の歌」全曲と「フォリオス」が入っています。
「ギターのための12の歌」は一番初めは荘村清志の為に作曲されましたが、今はCDにはなっていません。また全曲録音してくれてる人が他にはいません。

武満徹は著書も多くて、とても読み切れません。
「私たちの耳は聞こえているか」という本は武満徹の著書から集めたエッセイが1冊になっているので、言ってみれば“武満徹早わかり”(?)みたいな感じです。入門にはいいかもしれませんね。
というような感じで、まともに取り組むには、あまりにも絶壁、自分の能力に合わせてボチボチと鑑賞しています。
チコ
2005/02/26 11:04
うわっ、ご紹介ありがとうございます^^
やはり、ギターが気になります。
それから、石川セリさん。一度きちんと聴いてみたかったんですよね。
ありがとうございます。

今日、知人より「マタイ受難曲」のCD(3枚組!)を借りました。
ぼっちぼっちと聴いてみます(笑)
絵里子
2005/03/01 18:32
フォリオスについての記事を書きましたのでTBさせていただきました。チコさんは武満徹についてかなり詳しいんですね。また御教授ください。
ダンベルドア
2006/04/18 23:57
武満徹に関してはただいま没頭中といいましょうか、まだまだ詳しいとは言えないのです。少しずつ音楽の難しさにも慣れてきました。買った本は積ん読状態です。次々に読む本を買ってしまう為、楽なところから読んでいます。今年(2006年)1年かけて前進するつもりです。
tico
2006/04/19 14:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

2/20 武満徹ご命日 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる