虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声楽を習って気づいたこと

<<   作成日時 : 2006/03/12 13:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

先週のレッスンの時、「声が前に出ませんね。疲れてますか?」と先生に聞かれました。

そういえば最初の先生にも同じことを言われたことを思い出しました。思い当たることは水曜日がギターレッスン、第一木曜日がパントマイムレッスンで2日間しゃべることが多くなります。そして金曜日が声楽。というわけで第一金曜日のレッスン日には声が出にくいのです。日常生活的にはあまり変化はないのですが、歌うということに関していうと、だめなノドになっているようです。結局最初の先生に注意していただいた日常生活での発声がまだまだ出来ていないことが原因です。(声楽レッスン2

ただ、慣れてくると疲れていても歌声を出せるようにはなるそうです。

そういえば、桂雀三郎さんが言っておられましたっけ。「桂雀三郎withまんぷくブラザーズ」のライブが増えてきて、落語の後にライブがあることが多くなり、「落語の時と歌の時とではノドの使い方が違うので歌いにくい。」と。1年くらいすると「ちょっと慣れてきました。」っておっしゃってました。(桂雀三郎・摂津独演会

それからリピート山中さんも、桂雀三郎withまんぷくブラザーズで広く世間に知られる前の声とは全然違っています。ある時「うまくなりましたね!」と言うと「人に教えてもらったから」と言っておられました。学生の頃からきれいな声で歌がうまかったそうですが、そういう人でさえ、声の出し方を習うと更にきれいなというか、本格的な声が出るのですね。

私の声楽レッスンではドイツ・リートを習うことになり、まずはテキストを読むことが大切になります。家で声を出して読んでいたら、まずいノドの使い方になっていることに気がつきました。ここから直していかないといけないなと思いました。他になんかしゃべり声の練習にいいものはないかなと考えると、以前小川時代さんに教えてもらった「外郎売り」を読めばいいなと思いました。覚えるのは苦手でなかなか進みません。(涙)(ぴっとんへべへべ(ヴォイストレーニング2)

先日噺劇を見に行った時、久しぶりに小川時代さんに会ったので、早速声楽というか声の話をしました。マイクを使う時はマイクのところへ丁度よい声が届くように、マイクを使わない時はその会場の後ろまで届くように、着地点を変えるのだそうです。(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン

クラシックでは細くするどく遠くへ届かせますね。これはギターの音も同じです。(か細く、キンキンとするどいのではありません。表現が難しい)

声楽の先生は6時間ぶっつづけでレッスンだそうです。大変ですね!

そう思うと、単純に「マタイ受難曲」(合唱部分)を歌いたいなとあこがれていますが、1回さらっと通しただけでも3時間の半分は合唱も歌っているでしょうし、練習も含めると相当な時間歌っていることになるのですね。ノドを疲れさせない発声を身につけないとノドを痛めてしまいますね。声を出すことがこんなに難しいとは思ってもみませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、おひさしぶりでございます♪
先生は、とってもユーモアありわかりやすいで、楽しいレッスンになりそうで良かったですね。先生によっても教え方はいろいろですが、怒られてばかりでは疲れてしまいますもの(笑)
日常生活では、わたくしも大きな声を出せないので、話し方を意識してみようと思います!
Hime
2006/03/12 16:59
Himeさん、いつもありがとうございます。
最初の先生はご自分でも「私みたいな先生は他にいないと思いますぅ〜」って笑っておられました。楽しいレッスンだったので導入部としては入りやすかったですね。今の先生も丁寧に教えてくださるし、ほめてくださるし、ドイツリートの好みも合うし、やる気が出ます。何歳になってもほめられると嬉しいですね!
tico
2006/03/12 19:23
「外郎売り」よく練習しましたー。マスターしませんでしたけど(笑)
最近滑舌が悪くなっているのでもう一度始めようかな?
むらりんQ
2007/08/14 08:16
「外郎売り」は読むだけでもとても無理です。最初の何行かは一度覚えましたが、私はセリフとか言葉を覚えるのが苦手で…。その上、発声が悪いのでノドが痛くなります。まずは発声と思いました。でも声楽も芝居も朗読も声を使うことの基本は同じだと思いました。それがわかっただけでも私が声楽を始める前に持っていた疑問が解決します。わからないことがわかるというのは嬉しいものですね。自分の歌はいつかキット…程度です。
tico
2007/08/14 11:44
ゆうべ「外郎売り」久しぶりに読んでみました。やはり難しい…。前半はなんとか読めるものの、後半になってくるとゆっくり読むのも困難です。お腹がついてきてないので喉に負担がかかりますー。
むらりんQ
2007/08/15 08:36
やっぱり、お腹でうまく押せないとノドに負担がかかるのですね。お互い、これが勝負の分かれ目ってとこですね!滑舌以前に息に声を乗せること=声立てというそうです=の練習が必須だということを了解しました。
tico
2007/08/15 12:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声楽を習って気づいたこと 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる