虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声楽レッスン11

<<   作成日時 : 2006/03/24 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

もう「ミ」はこわくない〜〜(笑)今度は「ファ」だ〜〜!たった半音違いなのに、緊張します。

レッスンの初めに腹式呼吸の体操をします。首や肩の力も抜けます。
ハミングで発声練習をします。
それから「アーアーアー」「アーアーアー」という発声練習をします。
今日は初めて「ウ・ウ・ウ・」というのをやりました。
少しスタッカート気味にするのです。
私のお腹が出たりひっこんだりしました。
「疲れませんか?」と言われました。「しんどいです…」というか続けるとむかつきます。
腹筋で止めるのではなくて横隔膜で止めます。
先生の身体は全然動きません。息を吸っても、音を切っても。

コンコーネ4番が今日で終わりました。来週から5番です。

練習している歌「Ich Liebe Dich」を歌います。歌詞がつくと少しノドが緊張して、発声がうまくできません。ブレスの方法が少し悪いようでした。「息を吸うぞ!!」とばかりに「ひゅーっ」と吸うので身体が緊張していると言われました。緩やかに、息を吸うというよりは横隔膜を横へ開くだけでいいそうです。この歌は「ファ」が出てきます。『あー、おそろしや、おそろしや』と緊張していると出なかったです。「発声の時はもっと上まで出てますよ」って言われました。ゆっくりブレスする方法も教えてもらい、「ファ」なんて考えずに歌うと出ました。(あんまりきれいじゃないですが、とりあえずまともな発声法ではありましたので、だいたい合格。)

コンコーネでも歌でも「ミ」は何度も出てきますが、確実に「ミ」は楽になりました。ミやファは声の変わり目だそうで、この音が出るようになるともっと高音も出るのだそうです。発声の為のノド、呼吸などを覚えると誰でも出るのだそうです。

そうそう、立ち方も空気が入りやすいまっすぐな立ち方を教えてもらいました。これって、結局力を抜いてまっすぐ立つという、パントマイムでも必要なことです。ちょっと力んで立っていたみたいです。力むと新体操の選手みたいに身体が反ってしまうのですね。ウエストでくびれて空気が胸に入るそうです。結局空気を吸うことよりも横隔膜を動かすことにより呼吸が出来ているのですね。試しに歩きながら息を吸うのではなくて横隔膜を動かしてみました。酸素が肺へ供給されているようです。苦しくなかったですから。ほんと不思議です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「Ich Liebe Dich」大好きな曲ですがまだ歌ったことがありません。
映画「バルトの楽園」で日本人に恋をしたドイツ人捕虜がお別れのときに「Ich Liebe Dich」と言っていたのが印象的です。いつか歌いたいです。
むらりんQ
2007/08/14 23:27
Ich liebe dichは、シューベルトほど難しくはないと先生はおっしゃってました。私はソプラノの楽譜を持ってたので、ちょっと音が高すぎてレッスンになりませんでしたが。高校生の時は大好きな歌で、何十年ぶりに歌っても歌詞を覚えていたのには驚きましたよ。あー、この記事を書いた頃は腹式呼吸をまだ知りませんでした…。(T_T)自分ではやっているつもりでしたが、全く方法が違っていました。先生もレッスンに苦労されたと思います。m(__)m
tico
2007/08/15 00:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声楽レッスン11 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる