虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS テルミン・のどぬ〜る・イメージ・ほか(声楽15)

<<   作成日時 : 2006/05/01 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

恐る恐る練習している、というか、練習することを心がけていると、色んなことに気づくことがあります。我ながらなかなか面白いです!

■テルミン■

先日大阪市立大学ふたば祭にパントマイムで出演した日、終わってからテルミン体験をしてきました。なんでも音の出るものが大好きなので、触らせてもらえるなんて、なんと嬉しいこと!少し説明を聞いてから疑問が湧きました。オクターブ飛んだ音階はどうするのかということ。つまりテルミンの構造から必ず音がつながってしまいます。例えればトロンボーンみたいな感じ。テルミンの模範演奏をしてくれる人が「オクターブ離れるというと、例えば『星に願いを』なんかですね〜。」と言って聴かせてくださったのですが、普通に聞こえるのですよ。私が同じようにやってみると、慣れてないので、下のド〜上のドまでの途中の音が全部聞こえてしまいます。つまりへっぴり腰でやってるから、のろいのです。

お世話になったサークル:フレンズ オブ テルミン

まあ、そういう体験をした後の声楽レッスン。「ブラームスの子守歌」でもオクターブ離れる箇所がありました。下の音から上の音へ飛ぶ時にポンと鍵盤を叩くみたいに飛ぼうと思うから上の音の時にノドが閉まってしまいました。先生が「飛ばなかったらきれいに出ますよ。」とお手本を聴かせてくださると、まるで!!テルミンの音と同じでした。もう少しで私は笑いだしそうになりました!!ほんと!!



■のどぬ〜る■

花粉症のせいか、ノドがかゆかったり痛かったりします。のどぬ〜るを愛用しています。
ある日、いつもの様に口をア〜ンと開けてのどぬ〜るをピュッと押しました。ノドには当たらないで、指にお薬がかかりました…。(?)はいはい!原因がわかりました。舌根が上がっていたのです。ノドの開け方に気を付けてもう一度ピュッ。ちゃんと痛い箇所に当たりました。

そうだ!!声楽でよく注意を受けるノドの開け方ですが、これだわ!
開けているつもりでも開いてないのですね〜。な〜〜るぅ。

のどぬ〜る(小林製薬)



■イメージ■

先生に言われたことはいっぱいありますが、その一つ。言葉になりにくいので、伝わるでしょうか。高い声を出す時はイメージを下へ、低い声の時はイメージを上へ。イメージと声の高さを同じにすると、低い声は前に出ず、高い声はノドが緊張します。先生は声の出るポイント(?)レベル(?)うーーん、わからないけど、どんな声でも一定の場所で出ています。絵にしてみましたが、私の覚え書きのようなものです。私は「反比例のレンジ」と勝手に思っています。

発声イメージ



■ほか■

背筋のことを考えていると、やっぱり背中から首の後ろにつながっていますね。先生の首の後ろはなんというか、ムギューと動くのですよ。おおーーっ!これは私の弱点ですね。毎日首が凝っていて、悩みなんです。眼も関係するし、凝りをほぐすようにしていますが、治りません。結局身体全体が柔らかい方がいいのですね。

それと、小さな声を出すように気をつけていると力が抜けているように思います。まだ出来る時と出来ない時がありますが、すべてのことに於いての途中経過でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お腹で音程をとる(声楽43)
コンコーネ16番で音程が離れているところがうまく歌えなかった時に先生がおっしゃいました。「ノドやアゴで音程を取るんじゃなくて、お腹で取ってください。」イメージ的にはだいたいわかるのですが、考えると深い言葉です。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2006/10/28 21:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
テルミンは以前NHKの「ロシア語講座」のテーマに使われていた楽器で、番組の中でも紹介されていて興味を持っていました。私は見たことはないですが発明者のテルミン博士の映画が何年か前にありましたね。
 そんなことで私も機会があったら一度触りたいと思っている(実際は触らない)楽器です。
ダンベルドア
2006/05/02 23:16
声のイメージの図は、大変わかりやすい表現ですね。
私も高音域のときに喉があがってしまうので、重心を高さと反比例して下にといわれます。
 いろいろな表記で書いてくださり、凄く参考になります♪
Hime
2006/05/02 23:49
ダンベルドアさん、こんにちわ!
テルミンを作られた方はチェロ奏者だったそうですね。チェロも欲しいというあこがれがありますが、夢で終わりそうな気もします。単なる遊びにしてはもったいないですし。テルミンは本当に顔全体が緩みっぱなしっていうくらい楽しかったですよ。映画もビデオに録画して…まだ見てないですが。サークルは全国展開しているそうなので、どこかの会場へ参加出来れば体験できるそうですよ。ほんとに買いたい!と思うくらい心が揺れ動きました!(まだ今はのめり込む私が危ないのでやめておきます。(^^ゞ)
tico
2006/05/03 11:47
Himeさん、こんにちわ!
まだまだ、まだまだ、注意点が身体に染みこんでないので、あっちに気をつければ、こっちを忘れる状態です。(涙)先生に「少し前に説明しましたよね?」なんて言われています。先生も生徒さんが多いので確認の意味だとは思うので、忘れていることを非難しておられるのではないのですが、それでも「あぁ、そうだった…」と少ししょんぼり。でもギターでも何度同じ注意を受けたことか!みんなそんなもんです。厚かましくがんばります〜〜。(笑)
tico
2006/05/03 11:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

テルミン・のどぬ〜る・イメージ・ほか(声楽15) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる