虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声楽レッスン21

<<   作成日時 : 2006/06/09 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

私の弱点を先生が見抜いてくださいました。

色々な方法で発声やら呼吸やらあれこれ言われるままにやっていく内に、先生は私の特徴というか何が出来て何が出来ないかを見極めておられました。で、今私に足りないのは空気を押し出す力だそうです。

私も曲の練習したってしょうがないと思っていたので、色々自分の悩みを話ながら、アドバイスをもらったり、練習方法を教えてもらったりしていました。息を吐ききる練習やらあくびの練習なども。そして「声楽の人は走り込みもされると聞いていますが…?」と聞くと、やはり体力をつけることと、走ることにより全身の血行がよくなり、肩やノドが楽になるそうです。いきなり、私が走るというのも危ないので歩くこととかでもいいそうです。(短いレッスンの間に先生が私に必要な運動をアドバイスをするのは少し難しいことなので、あまり深くはこの点については触れられませんでした。)

何事もやりすぎてはダメですって言われました。どうも見透かされています。(汗)まだ声楽を始めて半年くらいですが、何度か自分勝手な練習で暴走し、先生に「どうしたんですか!」と言われています。短い練習を積み重ねていくと、いつか、突然出来るようになるので、無理しないで続けてくださいねと励まされました。

ダイエットでもなんの効果も現れないと落胆しかかっている頃に急に体重が落ち始めたりしますが、そのようなことだそうです。

それから、先生が違うと教え方が違ったりしますが、それは山へ登るのにどの道を行くかという違いだけなんだそうです。確かに3人の先生に出会いましたが、説明の言葉や練習の方法が少し違うだけで、教えておられる目標はみんな同じだと感じました。

声を頭に響かせ、腹式呼吸で空気を押し出す、ノドの力は抜いて楽にする。

高い声を出すことよりも、正しい発声を掴むことの方が大切なので、楽に出る範囲で練習しています。

確かにその為に立ち方や体操やイメージなどなど、教えてもらいました。少なくとも、全く何も知らなかった私が少しは出来ていることもあるという事実を思い、プラス思考にするようにします。やっぱり体力と有酸素運動ですかねえ!!ヨガも続けなくちゃ。穏やかな運動の割りには息がはずみますよ。

自分の身体が楽器ということは、ほんとに、他の楽器の習得と全く違うものですね!まずは楽器を壊さないようにしないといけませんね。私は波多野睦美さんの声が好きです。いつか力の抜けた静か〜な声が出るといいなあと思います。

参考:ダウランドアンドカンパニイ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
声楽レッスン
綺麗な声って魅力!人柄が出てますよね。 ...続きを見る
大阪 教室ニュース
2006/06/15 16:47
日本歌曲のCD
声楽を習うようになってから勉強の為に日本歌曲のCDを買いました。ほかのジャンルのCDもありますよ。習ってない頃は聞くだけでしたので、シューベルトとか。でも習いだしてからは自分に役に立つ女性の声のものを買うようになりました。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2009/08/29 23:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
たしかに、以前「複式呼吸」といううイメージから、腹筋を鍛える事を先生にお伺いしたとき、極端に鍛えすぎて硬くしてしまうのはいきすぎで、1日10回もすれば・・とお聞きした事があります。
 喉の脱力は、わたくしも今いろいろな形で試していますがなかなか難しいですね。お互いに頑張ってまいりましょう!
Hime
2006/06/10 18:46
そうそう!
私もそう言われました。先生も大学の時、うまくなりたい一心で100回くらいやって、声がいつもよりちゃんと出ず、先生に叱られたって言っておられました。みんなやってるんですね!
それからまだ会得していない私が言うのも変ですが、やはりあくびが一番いいノドの形みたいですね。本当にあくびしてくださいって言われます。「へぇ〜」「ふ〜ん」などという相づちの声とか笑い声の時に「それそれ!!」と言われますが、なかなか歌で出来ませんね。奥深いものです。のんびりと練習続けます。(^_^)b
tico
2006/06/10 19:47
私もジムに通って鍛えました。確かに筋肉はついたものの、肝心の呼吸は…?という感じでした。
ジョギングはずっと続けてたんですが、最近はサボリ気味…。歌声が不調なのもこのせいなのかもしれません。
むらりんQ
2007/08/21 22:17
ジムで鍛える筋肉は外の筋肉だと思います。声楽に必要なのは内筋、つまりインナーマッスル。そして鍛えるというイメージより柔らかくする。単に柔らかいだけではだらんとしますのでそうではなくて。やはり何を鍛えるべきかということを知る為にはスタジオ・レイの本が一番よくわかると思います。
http://www.studioray.gr.jp/
About usの所に加瀬玲子著書の紹介があります。私の買った本は新しく2冊に分冊されているのだろうと思います。同じのは載ってませんね。→ヴォイステクニックの真実―加瀬メソッド 発声・基礎編 (単行本) Amazonでは中古がありましたが。
今は呼吸が一番私の課題です。

加瀬さん身体が弱く周りの人にも歌なんか向いてないと言われていたのを自分なりに開発されたメソッドでご自分もちゃんとした呼吸をし、身体も強くなったとのことです。横隔膜の使い方など詳しく載っています。

歌うことによって徐々にわかってくる人、横隔膜が鍛えられる人、力が抜けてくる人、それぞれでしょうけど、私は加瀬メソッドがお気に入りです。
tico
2007/08/21 23:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声楽レッスン21 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる