虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 友達の伴奏で歌う(声楽29)

<<   作成日時 : 2006/08/24 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私よりずいぶん若い女性ですが、ピアノを教えておられます。音大ではピアノを学ぶ人は声楽も、声楽を学ぶ人はピアノも、勉強する(させられる?)そうです。

昨年知り合ったのですが、私が声楽を習い始めたという話しから、友達も音大時代に勉強したコンコーネや歌曲の話に花が咲き、自宅へ遊びに行きました。

私が買ったドイツ歌曲集を持って行ったので色々な歌の伴奏をしてもらいました。初めての歌のドイツ語の歌詞はそんなにすぐには歌えないので「あー」で歌いましたが。遊びとはいえ、やっぱりファの音はちゃんと出ません。でも、先生のレッスン以外で人の前で歌うのは初めてのことだったので、他人がどういう風に歌うのかも、だいたい標準がわかってきました。

やっぱり、私が小学生の頃から抱えていた悩みというか、どうも人とは違うなという思いはその通りでした。友達は上のミとかファとかはごく普通に、私がもっと低い音を鼻歌まじりに歌う程度で歌えるのです。それって普通のことなんだそうです。彼女と同じ程度に気楽に歌おうと思うと、私は人よりオクターブ低い音になります。たぶん、平熱が35度の人にとっての37度の発熱と、平熱36度の人の37度の発熱がしんどさが違うというような感じなんでしょうね。でも、中声用のドイツ歌曲集だったら、一番高い音はファなので(それより低い音が最高音の歌もあります)気長に力を抜く練習をしていったら、歌えると思います。(コンコーネ9番が問題です〜〜!)

いつも30分のレッスンなのに、友達のところでは1時間くらい歌ってしまい、声帯に無理がかかったらいけないので、それで歌う遊びはやめました。ピアノもギターも、まだまだ弾けるよという時間なんですけどね。私は歌にはまだ慣れてないから危険です。歌っている時は暑かったのに、おしゃべりしはじめると、クーラーが寒くなりました。それくらい身体全体を使っているのでしょうね。すごいことだと思いました。

初めての経験でとても楽しかったです。(^_^)b



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そういったお友達がいらっしゃるのは、本当に羨ましいです。発表会等でも、伴奏いただける方はわたくしは先生に紹介いただいた方に御願いしていますが、中には姉妹や、旦那様という方もいらっしゃいます。でも、ピアノを弾けない自身といたしましては、身近にそのような友人がいらっしゃることが貴重でいいなーと思います。
 歌いすぎには注意されてくださいね♪
Hime
2006/08/29 09:42
もうパソコンを切ろうと思ったら、Himeさんのコメントが!いつもありがとうございます。

家の近くにもピアノを教えている友達がいるのですが、どなたも教えている人は忙しくてなかなか時間が合いません。伴奏してくれた友達は家から2時間くらいかかるところに住んでいますが、夏休みとか春休みとかの長い休みで、彼女と私のスケジュールが合う日なら会えるという、綱渡り的スケジュールです。でも、こういう遊びは楽しいですね。

高校生の頃も伴奏なしでしたが、いつも友達と歌っていました。声楽で習うような発声じゃなかったですが、歌って一番身近な音楽ですものね。
tico
2006/08/29 09:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

友達の伴奏で歌う(声楽29) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる