虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声楽レッスン30

<<   作成日時 : 2006/08/25 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日は二重丸!!気分は最高!今日から新しい一歩と同時にこの身体を忘れないようにすること。

コンコーネ9番、例の一つだけのファの為に「もう一度練習しましょう。」と言われた曰くつき。自信はないけど、とにかく声を出すべく、身体をほぐす、今まで言われた色々のことを思い出し身体を作る。ゆうべはよく眠れた。そして、9番クリア!!!初めて出そうとして出た声。「じゃあ、次は10番ね!」と言われた途端、「今日は朝から身体をほぐしていたんですよ〜。」と言ってしまいました。先生にはわかっていたみたいです。「いつもとは違いましたよ。」って言ってもらえました。こういう身体の使い方を忘れずにいなければ!

背中に空気を入れる練習がかなり出来るようになってきたので、このやり方で息を吸った時にこの身体をキープできることと、あくびのノドをすると、ノド、鼻、目の後ろを通る背中から頭のてっぺんに至る後ろのラインにかなり空気が通ります。しかもお腹で支えると肩から頭にかけて力が抜けます。声を出すことよりもこの練習をたくさんしました。

さて、歌の練習ですが、「くるみの木」を予習していったのですが、突然「蓮の花」になりました。ずっと前から先生はこの歌が好きでレッスンしたかったのですが、前に持っていた本はソプラノ用で、私には高すぎたので、手がつけられなかったのでした。先生のピアノに合わせて音譜を「あー」で歌っていきました。あまり難しくはなかったのですが、メロディが進んでいくと突然ファが出てきました。心の準備をしてなかったので、ちょっと動揺しましたが、コンコーネの時と同じように身体をキープすると出ました。なんとなく確信ができたという感じです。

MIDI: 「蓮の花」


注意しながら家でも小さく声を出していこうと思いました。
今日から新たな一歩が始まります。きっとまた別の課題が出てくるとは思いますが、まずはメデタシメデタシです。

ついでですが、背中に空気を入れる練習を教えてもらう時、先生の背中がまあ〜るく膨らんだことがとっても驚きで印象深かったので、友達など何人かに私も背中を触ってもらいながら息を吸うと「あ!きてる!きてる!」と驚かれます。自分でもうまく行った時と行かなかった時の区別ができるようになりました。手品を見せているようで面白いです。そういえば、私はできなかったのですが、子どもの頃、耳を動かせる人は人気者でした。回りの人の驚く顔が面白いというのは、今の私と同じです。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
着実に成果を上げられている様子で、感動しながら読ませていただいています。やはり、1回1回のレッスンも目的をもって望まないと流れていってしまいますから、わたくしもモチベーションをあげて行きたいと思いました!空気を入れる感覚はとっても分かりやすいですね。
高音域になってしまうと、なかなかその「1本の線」ができづらくなってしまい、どうしても喉の絞まりを感じてしまいます。でも、イメージは以前より的確につかめるようになりましたので、また頑張ってみます!
Hime
2006/08/29 10:24
続けて読んでいただきありがとうございます。
ギターのレッスンでも同じなのですが、練習というのは気をつけるべき点が多々ありますので、どうしても目先の完成(曲を弾くこと、歌を歌うこと)に捕らわれてしまいます。後退に感じても基礎的なことをきっちりやっていくと曲の完成も質がよくなります。
これからもがんばってくださいね!私もまた別の問題が出てくるかもしれませんが、負けないでがんばります。
tico
2006/08/29 13:09
はじめまして、初めて読ませていただきました。
わたしは最近声楽を習いたいと思っているのですが何処にいけばよいか、迷っています、ねっとで、探したりしているのだけれどどうしたら良いものかと考えています。
蓮の花という、曲聴いたこと無いのですが
大好きな花なので聞いてみたいです。
yoko
2006/09/08 22:27
yokoさん、初めまして。
私は声楽を習う時はひょこっと気軽に行ってしまったのです。先生を選ぶとか、そんな大それた考えは全くなく、家から近い楽器店へ行きました。(自転車で5分、歩いて10分)理由の一つには半年くらい習ってみようかなと思っていたことです。習ってみると半年では全然声が出なくて、今ではもっともっと知りたいと思っています。いい先生に巡り会うというのは縁のものでしょうけど、初めは楽しくレッスンしてくだされば「いい先生」だと思います。もっと自分の求めることがはっきりすれば先生を選ぶことも必要になってくるでしょう。
先生は言われる言葉は違うと思いますが、どの方も一生懸命教えておられるように思います。そして後から意味がわかるとそんなに違うことはおっしゃってないように思います。受け取る側の生徒が成長するとその意味がわかります。
「蓮の花」は私もCDでは聞いていなくて、先生の歌と楽譜だけです。ドイツ語も意味がわかるとほんとにかわいい詩です。ハイネの詩です。
tico
2006/09/08 22:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声楽レッスン30 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる