虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声楽レッスン44

<<   作成日時 : 2006/10/27 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

今日で2月から習った先生とはお別れです。今日はレッスンよりも最後に話しておきたいことなどいっぱいでレッスンの前にワァーワァー急いでおしゃべり。楽器店のレッスンは忙しいです。

■シューマン歌曲集の楽譜を買ったこと。バーバラ・ボニーのCDと合わせて独学の道を行きます。〆切がないので、のんびりとしたペースですが、歩みがのろいと一生楽しめるかもしれません。(笑)先生とも相談してメゾ・ソプラノの人に是非歌ってほしい曲目として「女の愛と生涯」(全8曲)がいいんじゃないかってことになりました。この歌は恋愛から結婚、そして夫と死別するまでの女性のドラマで、1〜2曲チョイスして歌うということが許されない歌なのだそうです。やるとすれば8曲練習しなくちゃ。

ドイツ・リートは女性が歌う歌、男声が歌う歌、いくつか抜粋してプログラムを組んでもいい歌、全曲まとめて歌わないといけない歌など、暗黙の了解というかしきたりというか、一応歌の雰囲気で決まっているので、そういうことはやっぱり先生に教えていただかないと全然わかりません。特に何か発表するとかいうアテがないので、8曲あれば充分でしょう。

■音楽之友社の「最新 名曲解説全集22」 声楽曲 II
古本で手に入ったので見せました。この本の話は少し前に先生に教えていただいていたのですが、なかなか見つからなかったのでした。
この「最新 名曲解説全集」は全24巻で、交響曲、管弦楽、協奏曲、室内楽、独奏曲、歌劇、声楽の曲目についての解説書ですが、1980年出版の為、図書館で借りるか古本を探すかしか、読む方法はありません。(いくつかはまだ在庫があるようですが。)それにしても声楽だけでも4巻あって、全部は必要ないので、ドイツリート曲が一番多く掲載されている巻を購入しました。私にとってどこまで必要か今の段階ではわかりませんが、手に入る時に買っておかないと後の祭りになるかもしれませんし。

■メゾ・ソプラノのアンネ・ソフィー・フォン・オッターの「亡き子をしのぶ歌」(マーラー)を買ったこと。メゾの人の歌はまだ聞いたことがなかったので、とりあえず見つかったCDを買いました。

■先生からは、先生の師匠のコンサート(ドイツ・リート、メゾ・ソプラノ)が12月にあるとお聞きしていたので、今日チケットを購入しました。声楽のコンサートは全然行ったことがないので、楽しみです。

■そして、見学+引き継ぎに来られていた次の先生には、武満徹のうたの楽譜を見せて、次回から教えていただくようにお願いしました。(「武満徹 SONGS」 武満 徹, 絵:大竹 伸朗)



さて、ようやくレッスンです。発声はまあいつも通り。コンコーネ16番。離れた音程がちょっとふらつくので、もう一度次の先生に習うように引き継ぎです。

歌は、一度武満徹の好きな歌を歌ってみましょうかってことで、「三月のうた」を。
日本語は発音を明瞭にするのが難しいです。ローマ字を外国の人が読むように子音をはっきり出すように言われました。(一番初めの先生にも言われたことを思い出しました。)今日は一度歌っただけで、発音なども含めて次の先生に引き継ぎです。

今日は声がいつもよりよく出ていますねと言われました。首と肩の凝りを治すのに日々色んなことをやっていて、少しずつ凝りが柔らかくなってきていますが、治るのと凝るのとのスピードのせめぎ合いみたいな感じで、すべてよしというところまでは行っていません。でも楽にはなってきているのかもしれません。とはいうものの、レやミという確実に出る音でアゴや舌が固くなったりしてノドを締めていることがあり、注意されました。ノドのことを忘れて歌っている時の方が楽な声になっているようです。まだまだ大変ですが、身につけるというのはこういうことですね。

というわけで、先生のレッスンも終わりました。またいつかどこかでお会いできることもあるかもしれません。行雲流水。生きていると面白いこともあります。(^_^)b


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今、NEWS23でギターデュオ”タケミツ”を弾くをやっています。
鈴木大介さんのお顔を初めて拝見しました。
ダリア 
2006/10/28 00:27
いつもコメントありがとうございます。

今日のレッスンはぐっとお腹をひっこめて力を入れているのか、息を吸ったときのお腹の動きとか力の入れ具合、うまく音程がとれたときのお腹の感じを覚えておこうと思いました。
それがやはり身体が覚えるということなんでしょうね

まだまだ、いろいろ頑張ってみます。


ダリア
2006/10/28 00:59
ダリアさんこんにちわ!
鈴木大介さんのブログでテレビに出演されるという内容は読んでいましたが、その時間にテレビを見るのは無理で、録画も壊れていてできなくて、残念ながら拝見できませんでした。鈴木大介さんの顔は雑誌などで拝見しております。CDも持っているし、FMラジオ番組もあります。(特におっかけてるんじゃないですが、メジャーな方なので、よく目に、耳にします。)

声楽レッスンの方はわかった!と喜んだり、また迷い道に入ったりと振幅のあることですので、一喜一憂しないで、コツコツと先生の教えに従って練習すれば、前進できると思います。「あきらめないこと」が一番大切だと思います。がんばりましょうね!
tico
2006/10/28 14:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声楽レッスン44 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる