虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS お腹で音程をとる(声楽45)

<<   作成日時 : 2006/10/28 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

コンコーネ16番で音程が離れているところがうまく歌えなかった時に先生がおっしゃいました。「ノドやアゴで音程を取るんじゃなくて、お腹で取ってください。」イメージ的にはだいたいわかるのですが、考えると深い言葉です。


ずいぶん前、私がまだお腹から声を出すことができなかった時に、「お腹と頭が直結できるといいんですけどね〜」と言われ、意味はわかるものの、自分の身体でどうするんだろ?と思いました。それから色々な練習のおかげで、なんとかできるようになり、苦手な音もお腹から声が出るようになりました。

でも、お腹から声を出そうとか、ノドは大きく開いてとか、色々考えて声を出している時は、たいてい力が入っていて、出る声も出ません。いや、出ないというよりは出ていますが、ノド声になっています。で、自分でそれがわかるようになっている為、なんとか解消しようとまた力んでしまうということもありました。お腹もノドも発声もすべて忘れて歌を気持ちをこめて歌っている時の方が力まなくて気持ちよい発声になっています。

で、今回音程ですが、いままで音程が取れなくて困ったということはなかったのです。16番の音程も落ち着いてみれば、(移動ドで)ドミソ、シレソの違った並びで、ソミソファソレソドソシ(シは低い)とかソシソミとか、ソシソドとかなんです。でもテンポが早いせいか、とってもアバウトに声を出して適当に乗り切ろう〜〜!みたいに歌ってしまいました。その時に「お腹で音程を取ってください。」と言われたのです。もう一週間練習すれば、出来ないことはない音です。(あ、次回のレッスンは二週間先だ。)

で、思い出したのはテルミンのことを書いた記事でした。
テルミン・のどぬ〜る・イメージ・ほか(声楽15)

テルミンを思い出さないといけないです。
私は楽器を演奏する為、少し音譜から音譜へ一つ一つクリアに飛びすぎているような気がします。ギターで弾く時はコンコーネ16番もそんなに難しい音じゃないですし、すぐに出来るような気がしていました。ここが声楽との違いですね。



ふと、歌うってことがとんでもなく不思議に思えてきました。
たとえば口笛なら唇や頬をコントロールして音程を作っています。
歌って、頭で思ったら音が出てます。

音程ってどうやって取っているんだろう?
楽器が弾けない人でも「ルルル〜〜」とメロディを歌えます。
音譜が読めない人でも歌を何度も聞いて覚えたら歌えます。
誰も声帯を広くしたり狭めたりしていません。

だから、お腹と頭が直結しないといけないのですね。
技術を教えてもらうとそれに捕らわれてしまって、普通に出来ることが出来なくなる。
無意識に、自然に、考えすぎないで。
これは私がいつも気をつけないといけないことです。
でも、習わない時の自然と、習った後の自然は違うと思います。
これからは技術として発声を習った後の自然を目指して、考えながら考えすぎないように歌いたいと思いました。

ついでに、先生が言われた「お腹と頭が直結する」という本当の意味は、お腹で息を押したら頭で響いているという意味だったように思いますが、ちょっと違う意味に置き換えて、歌おうと思ったらお腹が押しているという風にも言えるかなと思いました。これは私の解釈です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
声楽レッスン44
いよいよ新しい先生のレッスンが始まりました。今度の先生は、以前代教で来てくださった先生と同じ発声法の先生です。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2006/11/11 12:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも、分かりやすい記事をありがとうございます♪わたくしも、高音域などで下顎を下げずに上へ響かせて・・と教えていただいたときに、「下顎下げないさげない・・・」と手を添えながら、そこに神経100%という感じで、ガチガチになって・・笑われました・・。
 下げない!といわれると「そこで固定!」のような感覚になってしまって(笑)仰るとおり考えすぎてしまうことは、禁物ですね。
 ticoさんの記事を拝見すると、今すぐにレッスンに行きたくなります(笑)
 
Hime
2006/11/10 09:48
いつも読んでいただきありがとうございます。
習ったことを振り返る為に私の整理にもなっています。

11月が済むと丸1年になります。一番最初の大きな関門は乗り越えられたと思いますが、今度はそれを定着させることが目標になるかもしれません。でもこれはホントに時間のかかることなので、あせらず続けて行こうと思います。
tico
2006/11/11 13:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

お腹で音程をとる(声楽45) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる