虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声はなぜ出るか(声楽53)

<<   作成日時 : 2007/01/06 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

1/5(金)午後11時過ぎのNHKラジオ深夜便を聞いていると偶然「声」についてのお話があり急いでメモを取りました。

ないとエッセー
 「声 この不思議なるもの〜人間はなぜ声を出せるのか」
  京都大学名誉教授・音声外科医、一色 信彦さん

声帯のお医者さんのようです。手術をされるようですが声帯を直接手術することは危険なのでしないとおっしゃってました。今回は第一回目なので声の出る仕組みについて一般的な話でした。

メモは走り書きなのでうまく文章にまとめられませんが、ずらずらと書きだしておきます。


のどぼとけのところに声帯がある。空気が声帯を通って外へ出る時に声帯が吸い寄せられ閉じる。つまりシャワーを使うとカーテンがシャワールームになびくようなこと(原理)である。

(tico注:2枚の紙の間に息をふきかけると紙はくっつくのと同じ原理かな。)

つまり、声帯はカーテンのようにしなやかで、柔らかく、薄く、自由に動くもの。湿らせておかないといけない。リラックスすること。

炎症を繰り返すとタコ[胼胝]のようになる。分厚くなると声が出ない。

声は声帯で出ているわけではなく、口蓋や軟口蓋に共鳴して音になる。
発音は舌や歯を使ったり、口蓋や軟口蓋を使って音を作る。

声帯は気流を切り、断続的に呼気を送る。(tico注:シャワーとカーテンの話の関連で、呼気を断続することにより声帯が開閉する。コオロギの羽根のように開閉しているのかな。)

声帯にすき間があると雑音を生じる。これが声のかすれ。

声帯をきつく閉じ、空気を力いっぱい押し出す。
大きい声を出す時に全身に力が入るのと同じ。

高い声を出す時は声帯を伸張させ緊張させる。
男性の声帯は太く長いので声が低い。

声帯を閉じた時にすき間があってもいけないが、閉じすぎてもいけない。
どちらも痙攣性発声障害になる。



ざっとした要約なので人にわかるように説明はできませんが、声楽のレッスンの時に言われていたことのほとんどがこのお話に出てきました。当たり前で“わかっちゃいるけど”うまく出来ないのよ〜、と言いたいです。

自分の呼気で声帯を閉じたり開いたりしている!!
すごいことがわかりました!!

柔らかくしなやかで湿っている声帯へ空気を力いっぱい押し出す。その為に口やあごの形で声帯を固くしてしまわないように、リラックスすること。呼気は腹筋を使ってポンと空気てっぽうのように押し出すこと。

私の場合、リラックスが一番大事。精神的より、あごで(声帯を?)引っ張って固くなっていると言われます。軟口蓋の方へ響きを集める、つまりこれは「な行」の発音の場所です。「あえいおう」すべてを「な」の場所へ集めること。

来週から今年のレッスンが始まります。前にも書いたようにやはり重要なのは「ノーノー」と「イーイー」ですね。


次回のないとエッセーは声の話の2回目(全4回)。毎週金曜日夜11時20分頃です。徐々に声帯の病気の話になっていくかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ticoさんこんばんは。
 高校の教師の頃、歌のテストというのは個別に準備室でやりました。声がどうして出るのかを知らない生徒が意外に多く、それを説明すると声がよくなったり音程の調節が出来るようになります。信大の教授の提唱している「調子はずれをなくす方法」というのもこの声帯の振動をいかに有効にするかということらしいです。
かおたい
2007/01/08 23:41
音楽の時間の歌のテストはひざが震えました!

声帯のことは少しわかりましたが、まだまだ声がちゃんと出ません。歳のせいで少し固くなっていたり、乾燥していたりするかもしれませんが、もしそういう物理的なことではなかったとしたら、身体の記憶が悪いのかもしれません。でも、まだ1年生ですから、諦めずに続けます。多少知識もあった方がむやみに声を張り上げないでいいかもしれません。と、その程度ですが、乗り越えるべし。(自分へ言い聞かせる。)蛇足ながら、私は音程は大丈夫なんですが、声の共鳴をちゃんとした場所に出来てないこと=ノドを締めているということのようです。(T_T) 大切なのは「あえいおう」です。練習、練習。
tico
2007/01/09 18:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声はなぜ出るか(声楽53) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる