虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 笑い声(声楽55)

<<   作成日時 : 2007/01/13 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

最初の先生と話して笑っている時「そうそう!今の声ですよ!」と言われました…が、「どの声?」とキョトンとしていました。

今の先生にも笑い声が歌の声だと言われました。

習い始めはノドで声を出すことばかり考えていたので、先生の言われる意味がわからなかったのですが、横隔膜のこと、背中にも空気を入れることなど、体験が増えるとやっと意味がわかってきました。

大笑いして、ケラケラと止まらないくらい笑って、「おなかがいたい〜〜〜!」と叫びながら笑いが止まらなかったこと、(あ〜、若い時は毎日そうでした。特に高校生の頃は、お箸が倒れてもおかしい年頃で。) ありますよねえ。翌日なぜかお腹が筋肉痛で、何をしたんだろうと不思議だったりします。

笑い声はそういう風にお腹で空気を押して声になっているので、歌声と同じなんだそうです。

そう思いつつ、自分が笑った時に笑いながら「お腹、頭…」と確認してみると、なるほど!レッスンでうまくいった時と身体の状態が同じでした。

お腹で押した空気を身体の後ろを使って上に引き上げます。
私のブログにも以前書いていると思いますが、(記事が多すぎてどこに書いたかわからないです。)首の後ろ、頭の目の裏を『開く』ということ、前もやってました…。忘れてしまっているのですねえ。 その頭の状態が『あくび』ですね。

ということは「笑いながらあくびをする」といいのでは?!

あ、ついでに鼻の穴を広げてください。あくびをかみ殺すと鼻の穴が広がります。唇は閉じます。



もう一つついでに、最初の先生が言っておられたことを書いておきます。
「声楽をやると腹話術が出来るようになるんですよ。」って。
実際、先生は上手でした。

何故なのか、今の先生のレッスンでやっとわかりました。
「あえいおう」の発音練習の時、あごで発音するのではなく、唇と前歯を軽く合わせ、ノドの開け方だけで発音します。そうするといつも同じポイントで響きます。その時にあくびの状態に頭(の中)を開くと確かに発音が変わりますね。それがとっても不思議です。

書いているだけじゃなくて、これを身につけることです!ハイ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
口中の開き方、参考になります!
今年も楽しみに拝見させていただきますので、宜しく願いいたします。明日のレッスンで早速ためしてみます!
Hime
2007/01/13 22:53
私も書いていることを身体に染みこませるように努力いたします。今日は「ノーノーノー」を3回やりました。1分くらいで練習終わり!(笑)少しずつこわさを取り除こうと思います。
tico
2007/01/13 23:29
洗面台の鏡の前で笑ってみました。(ちょっと不気味ですが・・・)そういえば、ここ最近、歌うときの顔の表情や口のこと、目のことなど、考えてなかったと思います。お腹ばかりに気をとられていたような気がしています。
私も忘れていることがいろいろあるようです。思い出しながら、私も少しずつ不安を取り除こうと思います。ありがとうございます。
ダリア
2007/01/17 09:22
ほんとに忘れてること多いですねえ。結局は身につけるまでがんばらないとね!毎週のレッスンが大事なのはそういうことですね。先生も「ほんの少しずつでも身についていきますから」と励ましてくださっています。気長に努力していきましょう〜。歩みが止まらなければ前進できますからネ!
tico
2007/01/17 14:09
 最近腹話術をやっている人と友達になりました。あの人形、男の子が多いでしょう?女の子だとやりにくいのだそうです。男女のかけあいなんてのは相当のハイレベルらしいですね。ご存知のように腹話術は仮声帯を使うので声色の調節が難しいのでしょう。でも、声を考えるいいヒントになりません?
かおたい
2007/01/18 15:10
かおたいさん、こんにちわ!
「腹話術」の本当の芸についてはよくわかりませんが、発音する時に口を開けすぎて声帯をひっぱって固くしてしまっているということの改善の為に先生があれこれ説明してくださっています。少しずつできるようになってはいますが、五里霧中の私にはまだまだとにかく必死で、身体で考えているところです。唇を開かなくても発音はできるということが今の私にわかっていることです。なんの苦労もなく声が出る人もおられるようですが、私はかなりの落第生だと思います。個人レッスンなので、丁寧に教えてくださっているので、マイペースでがんばっていきます。団体のレッスンだったらノドをつぶしていたことでしょう。
tico
2007/01/18 15:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

笑い声(声楽55) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる