虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 背中にスピーカー(声楽64)

<<   作成日時 : 2007/02/10 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

声を出す前に気をつけることがいっぱいで、毎週必死で歌ってます。お腹の支えは覚えられましたが、背中を忘れてました。

声を出す前の儀式 として、息を吸う=下腹に力を入れる=足を踏ん張る=頭の後ろを開く=喉を開く=首の力を抜く

必死の余り、ほんとに力が抜けているのやら、ちゃんと息が吸えているのやら、もうこんがらがっています。いよいよ発声の為に「オー」とか(まあ、音は色々やりますが)出した時にアリャ…という声になることもあります。自分では一生懸命やってるので「ナンデ??」と思いますが。

そんな時に先生の一言。「うしろから〜〜〜!」って。

それを忘れてました。

声を身体の前から出そうとすると詰まってしまうのです。後ろから噴水のように勢いよく上まで上げてしまうといいのです。(言葉を読んでも意味不明ですが。)

そして背中に大きなスピーカーを背負ってる感じがします。特に頭の後ろ、耳の横あたりはビリビリと、振動しているような感じ。(うまく行った時にね。)

下手な絵を描いてみました。
私が覚えておかないといけないことなんですが。

画像



いっぱい注意することがあります。それが自然に出来るようになるまでがんばらなくちゃ。しかも、歌い始めるとまだまだ歌詞やメロディの抑揚によって声の出し方(息の流し方)の注意があります。これはまだ出来ていません。ましてや、感情や自己表現はもっと先です。

まず、声、息。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「い」がましに(声楽65)
「い」の発声の練習を続けていたおかげで「ましになりましたね!」と言っていただけました。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2007/02/23 17:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
tico様♪
>声を出す前に気をつけることがいっぱいで、毎週必死で歌ってます
ホントにそのとおりです。私の場合は力が入って、一度に意識することが多くて、あたふたしています。声を作るな、息にのせてと言われ続けています。
道のりは遠いと感じています。それでも歩み続けたいと思えるものが声楽にはあるんですよね。
ダリア
2007/02/11 10:24
ダリアさん、こんにちわ!
私は“歌う”という今までの経験や先入観を全く塗り替えられてしまったことが驚きとともに面白いのです。そして人の歌を聞いた時に「抜けてる声」「抜けてない声」がわかってしまうので、やはり私も「抜けてる声」を出したいと思います。簡単に歌えたとしたら、半年くらいでやめていたかもしれません。
生まれつき声がよく出て歌が好きっていう人はまた別の楽しみがあるのかもしれませんが、私は本当は歌に対してはここまで興味なかったのです。それがふと取っついてしまったら、なんと人はすごいことをしておられるのかと、尊敬の念がわき、自分のレベルの低さに気づき、それが目標となっているように思います。自分との戦いが面白いです!
tico
2007/02/11 12:15
この絵は、ticoさんが描かれたのですか?凄く分かりやすいです!
 噴水や背中の意識もそうですが、つま先に力というところもうなづいてしまいました。
おかげさまでようやく本番がひと段落しました。たくさんの本番に幸せを感じつつ、また基本に戻って頑張ります。背中にスピーカー背負って♪
Hime
2007/02/11 22:15
こんにちわ、Himeさん!
背中のスピーカー、気に入っていただけてうれしいです!たまたまうまく声が出た時の身体の感じを一生懸命思ってみますと、こんな感じだと思いました。丸と四角を組み合わせた簡単な絵ですが、こんなくらいしか描けないので〜(笑)つま先に力を入れて少し前倒しのように立つとお腹の支えができるみたいです。とにかく、身体中、必死です!(笑)たぶん、慣れるとここまで必死じゃなくなるはずだと思うので、くせにしてしまうまでが大変ですけどね。でも面白いです!
Himeさんはたくさん演奏会(?)に出ておられますね!先輩ですもんね。私はまだまだです。
tico
2007/02/11 23:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

背中にスピーカー(声楽64) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる