虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 練習かぁ…(声楽72)

<<   作成日時 : 2007/03/31 14:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

声楽のレッスンが進むにつれ、当たり前のことながら、きちんとした練習をどうするかという問題にぶちあたってきました。

いままで家での練習というのは、本当の意味での練習ではなく、小さなことの繰り返しと音符を頭に入れることだけでした。最近は「い」の音をちゃんとしたポイントに当てる為に道を歩きながらとかスタッカート気味で「い!い!」と言っていました。周りに聞こえないように、車がビューンと走った時なんかは人が立っていなければ、大声を出せます。コンコーネは何度もキーボードかギターで弾くと声を出さなくても覚えられるのでそういう“練習”だけでした。覚えたらレッスンの時に歌えるから大丈夫でした。

しか〜〜〜し!
本当の意味で声楽は身体を使って声を出すことを覚えなければちゃんと歌えないのだし、先生の注意点をクリアしようと思うと頭でわかっているだけではとても出来ないことが出てきました。どこで練習するか…です。個人的防音装置(以前にブログで書いた筒のこと)が、どこまで防音出来ているのか実証していませんし、ご近所のことを考えると発声にセーブがかかり、お腹から出してないようです。(かなり静かな住宅街なので気になります。)

声楽のプロ、音大生などはどうして練習しておられるのでしょうね。
ピアノの人でも部屋を防音したりしているお宅もありますが。
ギターは、私の場合は全く気にせず弾いたり教えたりしていますが、あまりしょっちゅうじゃない(汗)のと、夜は10時までと決めて弾いてます。

声はギターより大きいですよねえ。
またカラオケ店かなあ〜。わざわざではちょっとめんどくさいなあ。
でも貸しスタジオよりカラオケ店の方が断然安いですよ!
でもまずは、やっぱり家で基礎的な発声が大事かなあ〜。



30日のレッスン。
コンコーネ23番。第一回目。もう一回来週も。
「小さな空」ずいぶん「い」行がましにはなったものの、完璧ではない。でも来週卒業できるようにがんばってね!と言われました。卒業できるかなぁ〜?心配。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
自宅での練習って気をつかいますよね。マンションなのですがお隣には気を使うのですが、声は上の階に響くと言うのを声楽仲間から聞きまして…ますます悩んでおります。また最近、歌詞に気を取られて発声の基本が崩れてしまうことあるのですよね…
眉と眉の間から声を出すのを忘れちゃう…
下から腰を使って声を出すの忘れちゃう…
声を遠くに飛ばすの忘れちゃう…
まったく、困ったものです^^ヾ
どるちぇ
2007/03/31 15:48
みなさん、悩みは同じなんでしょうねえ。
私は声楽を習って今2年目。1年目から最近までは声が出ずに歌どころではなかった為、家であまり練習しなくてもレッスンは進んでました。(汗)最近発声がちょっとましになったので、コンコーネや歌にも先生が注意をくださるので、どるちぇさんと同じように歌うと発声がくずれます…。なかなか身体に染みこみません。でも続けてるとそのうち、覚えるだろうなと思って、これからもがんばります。せっかく始めたのですから、もうちょっとましに歌えないともったいないですもんねえ。(^_^)b
tico
2007/03/31 17:27
声楽もあちこち注意点をクリアしながら、唄うのですね。どるちぇさんのコメントを読むと、バレエの練習をするときのことが浮かんできました。体のあちこち全てに気を配って、アチラを立てればコチラが立たず、気にしすぎると動作がこちこちになって・・・・・
AKO
2007/03/31 19:56
AKO、いらっしゃ〜い!
いや、ほんま。何事もレベルが上がる程練習量と内容が深くなりますねえ。
なんとか真剣に声を出すには…と考えて二階の道路側の部屋を雨戸を閉めて例の個人的防音装置で声を出そうかなと思っています。夕方、生声と防音声を録音してみました。部屋の中でですが。もちろん聞こえますが少し遠くの声みたいに聞こえるのでちょっとは大丈夫かもしれません。私の程度では1日に30分も練習すればいいところなので、なんとかこれでやってみようと思います。身体を使わないといつまで立っても上達しそうにないです…。
tico
2007/03/31 21:47
真剣に練習するには、いろんな工夫が要りますね。音楽の練習って、小さい音量でいくらやっても上達しないですね。遠慮しないでどんどん周りの人に美声を聞かせてあげましょう!って、それくらいの気構えで。あくまでも気構えで、現実には周囲への配慮が必要な世の中ですもんね。窓に八方スチロールの盤をはめ込むと効果倍増かもしれません。
AKO
2007/04/01 21:35
AKO、そうなんですよ。ギターでも家で遠慮して小さい音で練習してる人はすぐにわかるので、大きな音を出してくださいねって言ってるのですよ。声楽の先生も初めのうちはめいっぱい身体をつかって大きな声を出さないと身体が出来ないって言われました。
>窓に発泡スチロール
あ、家具を買った時の大きな発泡スチロール置いてあります!窓の大きさと合うかどうかわかりませんが。でもきっちりははまらないでしょうねえ。とりあえず、練習しようという気を持つことで道は開けるかもしれません。まだまだ、まだまだ、歩き出したところです〜。ほんとのことって難しいもんだと思います。何事でもね!
tico
2007/04/01 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

練習かぁ…(声楽72) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる