虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS やってしまった(声楽76)

<<   作成日時 : 2007/04/20 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

家での練習でも突然声がひっかかる感じで(それは結局ノド声なんですが)でなくなってしまって、自分でも「なんでよう〜〜!」と思うことがよくあるのですが…。

笑うしかないです。

今日のレッスンで無事に発声練習が進んでいた時、「い」での発声で突然でなくなりました。ポイントがはずれてるんでしょうねえ。それまで約10分くらい順調に出ていたので、先生も目を丸くして、「どうして???」みたいに私の顔を見ておられました。私は情けないというより、「そうなんですよ、家でいつもこんな風なんです。」と病気の症状が先生の前で出たのでやっとわかってもらえたというような安堵感でした。先生のアドバイスでなんとかまともな声になりましたが、ちょっと危ないので今日は「お」でレッスンしました。

コンコーネ24番。「ま、いいでしょう。」となんとかOKが出て、次は25番。

歌は「三月の歌」。毎回同じですが、低い声をいつも同じポイントで歌うこと。言葉の発音。音楽を作っていくというより、音や歌詞に対応できる発声をたくさん経験することがまず必要なことかなと思います。もちろん歌詞には意味があるので表現の必要性はついてきますが、それが完璧に出来るのはもっともっと先になると思います。今2年目ですので、発声を定着させることが私のテーマだと決めています。

それにしても、胴体に空気を入れる体力がないと、ほんと歌えませんね。ちょっと寒かったりして身体がだるいと発声練習だけで息がはぁはぁしてしまいます。睡眠・食事などに気をつかい体力を維持することが必要です。声楽はいつまでも若さを保つにはほんとに役に立ちますね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ticoさん♪
こんばんは(*^^)v先日はコメントありがとうございました。ticoさんの一連の声楽ブログを読んで思うのは、やはり地道な練習あるのみだと感じます。
今、楽器店の声楽レッスン(歌なし)に通っています。
ただただ(-_-;)音のでる方向を確認しています。上あごを伝って鼻腔を通っていく。鼻腔がなかなか確認できない。息の流れに声を乗せていく。下あごは入らない(力を抜く)。これだけを3月末からやっています。レッスン後は顔面が痛いです。顔に力が入っているのでしょね。頭痛ではなく顔痛です。発表会後に感じた息が続かない、高音がぬけない等々をこの地道なレッスンで切り抜けたいと思います。
今のところは一歩進みかけて足踏み状況です。練習あるのみ〜〜〜!!

ダリア
2007/04/21 22:22
ダリアさん、こんにちわ!
言われたことがなかなか出来ないので「私ってダメなのかしら?」と不安に思うと思います。私もまだまだ毎回アチャー!!ってなことばっかりです。私はダリアさんのような練習をもう1年半くらいやってます。ちょっとはましですが、まだです。3年やって、声が出たという人もおられますよ。(人に聞いた話)

私がギターを習って、今は教えている関係で先生と生徒の気持ちが両方わかります。どちらもホントに一生懸命なんですよ。少しずつ、少しずつ、いつかきっと出来るようになると先生も生徒も信じて続けるしか方法はないのですよ。私はいつもレッスンの終わりに「大丈夫ですよね!」って明るく聞きます。「ダメなのかしら?」と否定的な言葉を言うとどんどん本当にダメになりそうだから。先生も笑って「大丈夫ですよ!」って言ってくださり、その言葉を信じてまた来週も行きます。今、私たちは幼稚園児と同じなのですから、先生になついていきましょうねえ!\(^_^)/
tico
2007/04/21 23:14
はじめまして。私も声楽を始めたばかり(3ヶ月目)で、四苦八苦しています。なのに、某難曲を歌わせていただいているのですが、当然ながらぼろぼろです。でも、時間をかけて頑張っていこうと思っていました。
が、私の前の方でお上手な方が同じ曲をしかも初見で、素晴らしく歌ってるのを聞いてしまい、 私にはこの曲無理と感じてしまいました。悩んだ挙げ句、先生にも違う曲にして欲しいと言ってしまいました。 その曲をとてもじゃないけど歌う気にはなれくなってしまったからです。
でも、こちらのブログのticoさんコメントを拝見させていただいて、その事を後悔shじはじめました。一生懸命頑張って教えてくださる先生に、凄く悪い様な気がしてきました。と、同時にだいぶ先輩の方々も同じ様な悩みを感じてると解り、ほっとしました。
これからも楽しみに拝見させて頂きますので、頑張ってください。
フェルのママ
2007/04/23 12:49
フェルのママさん、はじめまして!
ようこそおいでくださいました。(^O^)

こういう音楽や他の芸術の練習は山登りと同じで、目の前の道を一歩一歩足を自分で運ぶしか前進できないのです。生まれつきうまい人、歌う為に生まれてきたような人もおられるし、そうでない人もおられます。趣味の段階では入試があるわけじゃないので時間をかけて身につけていっても全然問題ないのです。発表会というのが年一回の学年試験のようなものですが、そこで失敗したからといって落ちることもありません。(自分が落ち込むかもしれませんがネ!)失敗したら来年こそは!とまた努力したらいいのですし。

フェルのママさんが曲目を変更されたのは別に先生に悪いことはないです。人の為に練習しているのではないですから。やる気の起きることが一番いいことです。いつも先生は支えていてくださいますから。

人と比べないで、自分の道を歩んでくださいね。
お互いがんばりましょう。\(^_^)/
tico
2007/04/23 16:38
先生も生徒も真剣に取り組んでいらっしゃるのを拝見して、私もガンバロって気を取り直してます。声楽じゃないんですけど、バレエやってて身体が思うように動かなくて惨めになったりするのですが、理想のレベルには遠く及ばなくても自分なりにアップしてゆくように努力しようという意欲を頂きました。発声のことはよくわかりませんが、本当の声が出せるように練習することが心身にとてもよいことなのでしょうね。
AKO
2007/04/23 23:26
AKOいらっしゃい!
なんでもですが、見た目よりやってみると意外に難しいということがほとんどですよね。私のやってるギターとパントマイムでも「こんなに難しいと思わなかった…」と言って、やめる人、意欲を燃やす人、それぞれです。私自身、歌うことがこんなに難しいとは全く思ってなかったです。でも、わからないままやめるのは面白くないので、歌う人が何をしているのか解明できるまでやってみようと思いました。少し理屈はわかりましたが、自分で出来ないのが納得いかないので、理論と実践がかみあうまで続けようと思っています。体調管理が大切なので、健康には良さそうですよ。
tico
2007/04/24 11:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

やってしまった(声楽76) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる