虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS その調子〜(声楽101)

<<   作成日時 : 2007/09/07 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

呼吸のことだけですが、これだけは出来てきたようです。 毎日ずっと呼吸の練習を続けています。これからの課題はまた新しく出てきますが、その度に努力していきたいと思います。

いわゆるお腹の支えだとか、お腹で歌うだとか、お腹で押すだとか、言われている言葉は色々ありますが、呼吸(吐くと吸う)の方法とそれと同時に肩から頭にかけて緩めること、ノドで歌わないことがたぶん一番の土台なんだろうと思います。とりあえず土台の作り方はわかったみたいです。昨年の先生がおっしゃっていた「お腹と頭がつながったらいいのですよ。」って言葉、やっと身体でわかりました。

後は、音の高低やメロディや、言葉の発音など色々な要素によって、その土台が狂ってくる場合がありますので、その練習が加味されていきます。その先には表現の問題もありますが、まだまだあまりたくさん望まないです。一つ、一つ確実に。

コンコーネ29番。
メロディの音程やリズムはそんなに難しくないですが、後半、音がダラダラと続くところをスタッカートで練習しておくように言われました。一つ一つの音が不鮮明なんでしょうね。お腹がお留守になっていると思います。メロディに気を取られているのでしょう。

歌は「ぽつねん」。
相変わらず「い」が発声練習の時と違っているそうです。なんか『歌おう!』って思うことがいけないようです。歌詞を読む時と同じように発音するように言われました。こちらも苦手なところをスタッカートで練習するようにと。



スタッカートで練習することについて、私はギターとコカリナを思い出しました。

ギターを弾く時も「パパパパ…」と口で言う時のように弦に指を乗せて弾きます。(ギターを知らない人にはごめんなさい。)コカリナはリコーダーと息の吹き方は同じですので、タンギングをします。どちらも音が切れているように思いますが、きれいにくっきりとメロディが聞こえてきます。私がうまく歌えてない時はタンギングしないリコーダーのような感じですね、きっと。

先生たちはこんなにお腹を使ってるんだーと、かなり驚きです。今の私にはもう必死って感じですが、きっと慣れてくるんでしょうね。ギターの時も初めは大変でした。もう20年くらい前になりますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

その調子〜(声楽101) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる