虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS あとからわかってくる(声楽122)

<<   作成日時 : 2008/02/01 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2度ほどブログの記事に書いていることですが、またまた、身をもって痛感していることがありました。身に付くまでは色々大変です。

今日は先週よりちゃんと声が出てくれてよかったです。自分でも身体をちゃんと使えたと思いました。コンコーネ33番の上のファもちゃんと出ました。

ところが!

自分ではかなりいい感じの発声だと思っていたのですが、メロディの音が上がる度にノドが締まっていくので、上がるに従ってもっと開いていくようにという注意を受けました。あ?そうだったかな?と思いつつ、音が上がるところはもっともっと気を付けて身体をしっかり支えていくと、さっき、いいと思っていたよりもっと豊かな声が出ました。

ほお〜〜、ほお〜〜!

そこで以前に注意されたことを自分でも図に書いたことを思い出しました。以前に書いた図を見てみると、今日思ったことと少し違ったのでもう一度書いてみました。(微妙な違いなのですが、今日は今日の気持ちです。)

画像


以前に言われたことは「音が下がった時には高くイメージする、上がった時は低くイメージする」というような内容です。(言葉遣いは違ったと思います。)

つまり、音が低い時にイメージも低くすると声が落ちてしまいます。これはしょっちゅう言われています。音が高い時にイメージを高くすると胸から上だけを使ってしまう声になります。今日注意されたことです。というわけで、音が高いところは音の高さに添っていかずに、キリッと身体を保っていくと更に頭が緩んでいくということになりますね。

自分で思っていたより、もっとしっかり支えないといけなかったんですね。

歌は「花のまち」。
今日は三番まで歌いました。低い音が落ちないように、明るく。

花のまち

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まっすぐには前進しないもので(声楽174)
お腹と息の準備、力を入れすぎないなどに気をつけてはいましたが、今日はちょっとポイントが集まりきらなかったと言われました。そういえばレッスンが終わってからノドが一番いい感じではなかったので、やっぱりナンカ忘れちゃったのかなと思いました。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2009/05/13 00:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

あとからわかってくる(声楽122) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる