虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 次は発音(声楽127)

<<   作成日時 : 2008/03/21 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

楽器でも声楽でも学ぶ時に重要なことがあります。そしてそれらは階段状ではなくて、螺旋階段状だと思います。課題はどんな段階の人にもついて回ります。何度目かの発音の課題が回ってきました。


ギターの時に考えた課題の螺旋階段です。
課題はつづく
声楽ではナットに書いてある項目がギターとは違うだけで、何度も何度も繰り返し課題が出てくることの意味は同じだと思います。

発音でも最初は「あえいおう」と同じポイントに集めることでした。
それからお腹で空気を押すことに集中しました。
まだブレスは短かったです。
先々週のレッスンでは(いや、何度も言われていますが)特に音が飛ぶ時のお腹の使い方でした。
少しお腹で押すことがましになったので、今度はまた発音に戻ってきました。

同じことを繰り返し言われているように思いますが、実は以前よりわずかでも前進しているからこその内容になっています。きっとまた、もっとお腹の使い方などあるはずです。先のことは考えないことです。

コンコーネ35番。
お腹でポンと押すと離れた音へ飛びやすくなります。低い音を利用して上がります。跳び箱の踏み台のような感じです。(以前にも書いたような気がします…)少しできましたが、ギリギリやっと飛べた感じで、まだ余裕はありません。頭で考えながら身体をコントロールしています。

「早春賦」
ブレスが長い歌なので、なかなか歌い切れません。その為にまた発音をきっちりしようということになりました。いい発音だとブレスに無駄がないからです。「あおう」は割とノドが丸くなりやすい形なので、その形のまま「えい」を言います。(子音が付いても同じ)
歌詞を読んで練習する時もノドの形に気をつけて読むようにします。やはりあくびしながら声を出す感じが一番よくわかるように思います。

今週の宿題はまた同じです。



P.S.
昨日の相撲観戦では大声をいっぱい出していましたが、今日の声楽にはあまり差し支えませんでした。声が嗄れるような発声はしないように気をつけていましたから。最近、ちょっとは発声がましになってきたのかもしれません。ノドを使わないように気をつけています。つまり、しゃべる時でもお腹から息をポンと押すようにして声を出すようにしています。頭も開いてね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ナットの例え、すっと心に入ってきました。ありがとうございます。
 実は私、去年の今頃と同じ禁止令を発令されてしまい、なんか元に戻ってしまったのかなあ…と思ってましたが、ナットがやっと一周したのだと思うことにしました。一山分前に進んだんだと思うことにしました。
 少し気持ちが楽になってきました。
http://stone.tea-nifty.com/blog/
すとん
2008/03/22 01:15
ね、いい考えでしょ〜。
ボルトのピッチは人によって違うと思います。生まれつきすごく上手な人がおられますが、きっとピッチが粗いんでしょうね。だからどんどん進んでいきます。私なんかはピッチが細かいのでナットの課題を何周してもピッチの粗い人より遅いような気がします。でも前進はしていると思います。

絵画を描く時でも一部を完成させるような描き方はしませんもんね。あっちこっちをざっと描きながら徐々に全体の統一を取っていきますからね。声楽の練習も一つの課題だけがが完成するってことは不可能だと思います。そう思うと「いいですよ」と言われても有頂天にもならず、「ここに注意しましょう」って言われても素直に受け止めることができますしね。あっちをちょっとこっちをちょっとと手を入れていったらいつか出来るようになっていると思います。
tico
2008/03/22 12:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

次は発音(声楽127) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる