虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽関係の買い物

<<   作成日時 : 2008/05/13 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

今日は梅田付近まで、楽譜や雑誌を買いに出かけました。ギタリストの清野さんのインタビューが載っている雑誌がすご〜くマイナーなので、家の近くでは手に入らなかったのです。郵送でも買えますがついでに楽譜のササヤへも行ってみようと思って…。

清野さんが載っている雑誌は「おおさかの街」という季刊誌です。

画像


季刊「おおさかの街」について

ここのサイトを参考に、大阪市役所地下1階、中之島書店というところが道順で便利だったので、市役所へ行きました。ところが、案内板に中之島書店がありません。案内所で尋ねると(若い女性でしたので、その人もご存じなく、電話して尋ねてくれましたが)、以前はあったようなのですが、閉鎖されたようです、との返事。サイトのプリントを持ってきたらよかった…と後悔しましたが、旭屋書店でも取り扱っていると覚えていたので、歩いて向かいました。1階のインフォメーションで尋ねると電話をしてくれて、4階にありますとのこと。4階のレジでもう用意して待っていてくださいました。1冊でもよかったのですが、なかなか手に入らない、ちょっとめんどくさいものでネ、人もおられるので、なんとなく3冊買いました。(急がなければ会える時に手渡しいたしますよ。と暗黙の伝言。)

内容は著作権もありますので、文字が読めないくらいに小さい画像にして載せておきます。3頁にわたるインタビューで内容はとてもよく清野さんを表していました。

画像




さて、気をよくして、次はササヤへ。

まずはギター楽譜。ササヤ東店へ。全音のソル32のエチュード(初級・中級)、ソル25のエチュード(中級)を探すとすぐに見つかりました。ソルの全エチュード集は持っているのですが、これはもう絶版になっているので、最近手に入る楽譜を参考に見たかったのでした。

さて、好調な買い物。次はササヤ本店。(ここが元からある店ですが、在庫が増えてきたので同じフロアの別の部屋にギターの店が出来たのです。)

こちらでは声楽の楽譜を。急ぐ楽譜ではありませんが、せっかく来たのだから探しておこうと思って。カッチーニ、アルカデルトのアヴェ・マリアを含む、色々なアヴェ・マリアばっかりの楽譜が見つかりました。店長さんらしきおじさんに探してもらいました。11ものアヴェ・マリアが載っています。私の知らない曲もたくさんありました。シンセサイザーでの演奏ですが、CD付きで知らない曲も聴けるのでありがたいです。それと、五線紙もついでに。



この辺り、大阪駅前第1ビル〜第4ビルはなつかしい場所です。私が働いていた頃に第1ビルが出来、徐々に第4ビルまで建てられました。ササヤは現在第2ビルの2階にあります。ビルが出来る前は梅田新道〜桜橋の大きな道路に面したところに店を構えていました。古い風情のある建物でした。第1ビルの後、第2ビルが建った時にビルに入りました。記憶では1970年頃の話ですが、それ以来ずっと第2ビルで年中無休でやっています。もしかして日本一の楽譜専門店かもしれません。音楽関係の人はたいてい知っていますし、地方からでも郵送してもらって買えます。輸入楽譜などの知識も豊富でメールで尋ねてもなんとか買えます。私も大阪まで出ることがない場合はメールで注文したりしますが、どんなのがいいかなあと考えながら買いたい時はやはり行った方がいいですね。

会社で働いていた頃は毎日会社が終わると梅田界隈をウロウロしてお茶を飲んだりしていました。今日はあまりあちこち行きませんでしたが、もう今では私もオノボリさん状態です。新しいビルやホテルが出来ています。今日は阪急百貨店を壊しているのが目に入りました。あんまり見たくなかったです。今壊している建物は、昔は阪急電車の梅田駅でした。働いている頃に現在の駅に変わりました。梅田でいつも買っていたレコード屋さんもとっくの昔になくなっているし、長い時間の経過を思います。でも旭屋書店はずっと同じ場所にあります。なつかしかったです。



家に帰ってからアヴェ・マリアのCDを聞きました。アヴェ・マリアはどの作曲家の曲でもきれいですね。アヴェ・マリアをかけたまま死ぬのもいいなとか思いました。とても幸せな気分です。アルカデルトは高校の音楽の教科書に載っていました。やっと巡り会いました。カッチーニは知ってからまだ2年くらいですが、とってもきれいで感動します。

今日は雨が降り始めましたが、すべて好調な結果で楽しい一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 アヴェ・マリアの楽譜集は中声用を持ってます。これ、ネットにもなくて、なかなか手に入れるのに苦労しました。私は銀座の山野楽器でやっと見つけました。もっとも、入手したらそれで安心して、まったく譜面を開いてません。だめですね。
http://stone.tea-nifty.com/blog/
すとん
2008/05/13 20:16
こちらではお久しぶりです。
「旭屋書店」わたし、大阪駅の真ん前、今のヒルトンホテルのあたりにあった頃を知ってます。それがどうしたって言われると、オッサンですとしか言いようがない。コメント汚し相済みません。
仮隠居
2008/05/13 21:53
>すとんさん

同じ楽譜なんでしょうか?!私のも中声用ですよ。一番目がカッチーニで十一番目にモーツアルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスが入ってますよ。私もいつ歌うか、もしかしたら全然歌わないかもしれないですけど、楽譜は好きなんですよ。
tico
2008/05/13 22:41
>仮隠居さん

お久しぶりです。
旭屋は今とは違うところ、大阪駅のド真ん前にあったのですか!それは全然知りませんでした。会社へ通うようになってから大阪へ行くようになったので、それまでのことは知りませんでした。ヒルトンも初め見た時、ビックリしましたよ!だんだんムチャクチャになってきますねえ。今の旭屋も私が知ってる頃より大きくなってるように思いますよ。そういえば紀伊国屋っていうのは阪急電車が後ろへ下がってから来たんですよね。そうか〜。旭屋は大事にせんとあきませんね。
tico
2008/05/13 22:45
たぶん同じだと思います。ちなみに出版社は「ショパン」です。
すとん
2008/05/14 20:47
>すとんさん

ショパンね!出版社の名前ですね。同じ楽譜でした〜。ショパンという名前、初めて聞きました。大胆な社名ですねえ。あまりにも有名な名前なので検索で出てきません…。このネット社会に於いてはちょっと社名をミスりましたかねえ。
tico
2008/05/14 21:31
このあいだのソロの時に、お客様に頂きました。加藤さん有難う御座います。

なかなか良い記事でしたね。次はどこの書店でも買える本に載ってもらいたいです。
ふじわら
2008/05/15 12:25
>ふじわらさん

もう手に入りましたか!それはよかったです。では私の持ってるのは安心して他の人に渡すことにしますね。

同じような大阪の雑誌では「大阪人」という方があちこちで売っているんですけどねえ。まあ、大阪にこだわる必要はないので、なんか他の雑誌にも載ってほしいですね〜。
tico
2008/05/15 20:31
季刊オーディオアクセサリー誌129号(21日発売)に「永遠の愛聴盤」として清野さんのアルバム「ダークシェイプ」・「リップル」
を紹介する記事が掲載されました。
どこの書店でもあります。是非、立ち読みでも結構ですので?ご覧下さい。
ふじわら
2008/05/22 12:22
>ふじわらさん

あーー、例の重たい本ですね!(笑)
あれなら近くの本屋にありますよ。立ち読みはちょっと苦手なので、また買ってしまうかも…。
tico
2008/05/22 13:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

音楽関係の買い物 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる