虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 頭の中を開く(声楽140)

<<   作成日時 : 2008/06/20 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

やはり家よりレッスンの方が安心して声を出せるし、ダメな時は先生が注意してくださるので、軌道修正しやすいし、なんかできた〜って感じがします。

レッスンへ向かう道すがら、車の音に紛れてちょこちょこと発声練習していると、やはり気を使ってるせいか、全然うまくできません。かなり落ち込みながら、レッスンになったらなんとかなるだろうと、いい加減な、先生を頼り切った気持ちで向かいます。

案の定、レッスンの始めの発声練習はさっきの行き詰まりを引きずっていて、うまく身体が反応しません。腰、お腹、肩、ノド…。注意することを思い出しながら、頭の中がいい具合に開いてくれるようにがんばりますが、先生にはちゃんとバレていて、もっと開けるような発声練習を工夫してくださいます。徐々に私も感覚を思い出し、先生の注意を受けながら、さらにさらに頭を開けるようになっていきます。

身に付くまでにはこういうのを繰り返さないと仕方ないですねえ。

コンコーネ38番。上のミとファが少し開かない音になり、色々させられてようやく開いてきました。一応、38番は卒業。前に卒業できなかった36番を来週から再挑戦します。

歌は「夏の思い出」
これは高い音がレまでなので、きつい歌ではないですが、発音だとかメロディの流れだとか、練習すべき課題はありますねえ。そんなに高い音ではなくても、きれいな声を出す為にはやはり頭の中をグワーっと開けないといけません。しかも、音が高くなったからといって、肩が上がると頭が閉まるので、下と上とへ同時に引っ張るような身体の使い方でやっとOK。こういう身体の感じを覚えるようにがんばります。音の高さが自分に丁度いい歌は、色んな練習するのに適していると思います。発声以外の音楽表現も勉強できますしね。(うふっ!生意気言ってます!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ああ、頭を開く…ですね。まさに今の私の課題と一緒、レッスン中、ずっと頭を開いているので、そのうち頭痛が…それも筋肉痛が…。

 それでも回数を重ねる事に、少しずつ痛みも和らいでくるような気がします。きっと、何の痛みもなく、無意識で頭が開くようになって、一人前なのかな…と思ってます。ずいぶん先の話でしょうが…。
http://stone.tea-nifty.com/blog/
すとん
2008/06/20 20:38
筋肉痛はないですね。力を抜いて頭の中、首の辺りを開くような感じにしてます。私の感覚では「大あくび」って感じです。ちゃんと頭の中が開けるようになったら、頭だけ開いて口は普通でいいそうですが、まだ私はそういうことが出来ませんので、お腹に力を入れて肩を下げて口はいっぱい開けて大あくび。いや〜、なかなか大変ですが、それが出来るとちゃんとした声が出ます。始めはまあこんなもんでしょ…。(笑)

そうですねえ、痛みがなくなるという以前に力がまるっきり入らなくてぼやーっとしてます。だからちゃんとした発声が出来るとすごく楽です。ノドも肩も。がんばってるのはお腹くらいなもんでしょうか。

ちょっとずつ前進するはずです…。(^-^)/
tico
2008/06/21 00:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

頭の中を開く(声楽140) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる