虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 肩を下げる(声楽139)

<<   作成日時 : 2008/06/13 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先生の病気で2週間お休みでした。この2週間の間にコンコーネの予習やノドの力を抜く練習など、思いはいっぱいあったのに…。 あっという間にレッスン日が来てしまいました。

ノドの力が抜けて閉まらないセットポジションを身体に記憶させないと、いつまで経っても堂々巡り。だいたいわかってきたのですが、いつもきちんと出来るとは限らないので、ほんとに綱渡りです。

私の日常の身体の状態は知らないうちに鼻の奥(ノドの上ともいえる)が閉まっていて、肩が少し上がっているようです。先生に「肩が上がってますよ」と言われてから気にしてみると、確かに肩が上がっているみたいです。だから肩凝りが治らないのかなあとも思いました。アゴを動かさないようにするには「ろあろあ」の練習をします。それをやると、鼻の奥も開いてきます。でもそれだけではまだ充分ではなかったのですね。ノドのことばっかり考えていると反対に力んでくるので、お腹のことも忘れてくるし、最悪の状態になります。

ノドを楽にしようと思うと、やっぱり肩を下げることだと思いました。肩を下げると自然にお腹に力が入って、胴体全部がカチッと決まってくるので、ノドの力を抜きやすくなります。身体をきっちり作っていくと同時に、

ポカァ〜 と少し眠いような感じで上を向きます。口もポカァ〜と開けます。

以前ラジオで役者(または演出家)さんが言ってましたが、オーディションだったか、ワークショップだったかの時に「口が少し開いてる人の方が力が抜けていていいんですよ。って。

それを聞いてなるほどと納得しました。
身体を作って口をポカァ〜と開くことで、ノドに全く力が入らないようになります。
その状態でお腹を押して空気を頭の上へ送ると声が出ます。

うまく行く時はこのように出来た時です。だいたい自分の管理が出来るようになってきたので、身体のセットポジションをさっと出来るように訓練していくことが大切だと思います。今日はまだいい時やら力む時やらでしたが、力んだ時に力を抜けるようになったのは、少し進歩だと思います。

今日は発声練習は「な」でやりました。「な」はハミングから声に出来るので、私には丁度いいと思いました。私は自分では「ンガ」ってやってたんです。「な」の方がかっこいいですね。(笑)

発声練習ではいいポイントに声が当たっていたそうなんですが、コンコーネはかなりダメでした。なんとか持ち直すことができたのは、不幸中の幸いです。少し自分をコントロールできるようになったみたいです。やっぱり歌うことにまだ習熟できてなかったら、力んでしまいますね。(これはギターでも同じです。やっぱり気持ちで歌えるようにならないと)

コンコーネはもう一度38番。

歌は「まちぼうけ」はなんとか3番まで歌わせてもらえ、一応卒業しました。次は季節に合わせて「夏の思い出」です。


余談ながら、相撲の高見盛が取り組みの前にこぶしを下にたたきつけるように降ろしている姿を、相撲ファンならご覧になったことがあると思いますが、私が肩を下げる為に色々やっている時に、高見盛のやっている意味が、わかったような気になりました。確かに肩が下がり、力が抜けますね。
そういえば、他の力士でも首を回したり、肩を回したり、腕を振ったりしていますね。肩に力が入っているとやっぱり実力が発揮できないですもんね。

私には声楽にはもちろん必要なことですが、肩凝りにも効いてうれしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 無くて七癖とはよく言ったものです。皆さん、無いようで結構癖があって、その癖が良い癖ならいいのですが、大抵は歌に支障があるような癖でしょから、それを矯正するのが大変です。私にも癖はありますよ。私は肩で注意を受けることは珍しいです。私は気を抜くと鼻に来ますので、そこを注意されます。

 ウチの師匠は歌わせながら、首をまわさせたり、肩をまわさせたりします。そうすると、余計な力が抜けるのだそうですが…やっている方は、案外大変です。
http://stone.tea-nifty.com/blog/
すとん
2008/06/13 20:15
やっぱり肩は力が抜けてる方がいいでしょうね。人それぞれに、自分のクセと対処法を見つけていって直さないとどうしようもないですね。この肩を下げていいセットポジションを確保するのは、クラシックギターでいうと構えなんだなと思いました。ギターを弾く為には一番楽な姿勢でないと腕や指に力が入って不必要な動きをさせられることになりますからね。
今日はちょっと何度か危うかったのですが、立て直せたのは少しわかってきたのかなあと嬉しくなりました。今までは一度詰まるとレッスンが終わるまでどうにもなりませんでしたから。半歩前進かも!
tico
2008/06/13 21:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

肩を下げる(声楽139) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる