虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々の努力(声楽144)

<<   作成日時 : 2008/07/18 13:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

一番重要なことはポイントで歌うこと。その為先週も書きましたが、携帯のアラームを利用して日に2回ドレミファふぁ#ソというピアノを鳴らしています。そのおかげか、少しずつポイントが定着してきました。でも油断はなりません。ずっと気を付けなければ。

ポイントで声を出すことと同時におふとんにいる時に、夜か朝かテキトーですが、うつ伏せの呼吸と低い小さな声を出す…いや、出ちゃうという練習もしています。ノドを使わない感覚の練習にいいです。

コンコーネ39番は卒業しました。マイナーの三拍子で割ときれいな歌なので気分が乗りやすかったです。低い音から高い音へ移る時はやっぱり、やっぱり、やっぱり、お腹が勝負どころです。そして、私のクセとして、高い音になると横開きになってノドが狭くなるので、思いっきりノドを縦に開くことをがんばりました。
次は40番。ラストに近づいてきました。コンコーネを買った時はパラパラと楽譜をめくり、すんごい曲やなあ〜、私もこんなん歌うようになるんやろか…と心配になりましたが、そういう曲に来てしまいました。徐々に進むというのは、知らない間に前進しているんですねえ。不思議です。

来週は楽器店が休みなので8月1日です。

「夏の思い出」
言葉を言う時のポイントに気を付けました。なんか説明しにくいですが、ノドの後ろ側を使うような感じで、今までとは違う感覚で声を出しました。今日は2番まで歌いましたが、また次も歌詞の発音とポイントに気を付けて練習します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>高い音になると横開きになってノドが狭くなるので

 私もそうです。なぜ高い音になると、横開きになるんでしょうね? 不思議です。何か理由があるんでしょうが、よく分かりません。分からないうちは何度も同じ失敗を繰り返すので、理由はきちんと分かった方がよいと思ってますが、結局分からないので、今日も気を抜くと、やっぱり横開きです。

 なぜ横開きするのかは分かりませんが、横開きが良くないことは分かってますので、私も努力して縦開きにしてます。

 でもなぜ喉は、頑張らないと、縦に開いてくれないのでしょうね? ふしぎ。
すとん
2008/07/20 00:54
理由はわかりませんが、きっとそういう人は多いのだと思います。ほとんどの訓練できていない人の高音ってつぶれてますもんね。耳だけはきっちり成長しちゃってます。
先生には「こわがってる」とも言われました。
お腹が充分作られてない時はノドだけでなんとか声を出そうとするからかえって閉まってくるとも。結局お腹に帰ってきますね、何を考えても。

今ちょっと考えてみました。遠いところにいる人に話すとか、危険を知らせる時に叫ぶとかいう場合、ノドはメチャクチャ開いていると思いませんか?たぶんそれが高音の発声だと思うのですが…。また試してみてください。ノドをつぶさないようにネ。

あー、すると、私が話し声の時にノドに負担がかかるのは開き方が少ないせいかもしれません。それも考えてみます。話し声は地声なので、余計に難しいかもしれません。
tico
2008/07/20 01:08
文字数制限にひっかかりましたので、続けます。
---
そうそう。高音でノドを縦に開く時はアゴも完全に動いています。でもそれはいいのだそうですよ。最近のレッスンでも「ろあろあ」はやっています。アゴが動いていけないのは、アゴを動かすクセがつくとお腹を使わなくなるからだそうです。ですから、お腹が使えるようになったらアゴのことはいいのだそうです。やっぱりお腹にきましたね。

>でもなぜ喉は、頑張らないと、縦に開いてくれないのでしょうね? ふしぎ。

うーーん。笛も高い音は力いっぱい吹かないと出ないでしょ。ビン吹きでも、同じビンで低い音ときつく吹くとオクターブ違いの音も出ますよ。この、「きつく吹く」のがお腹だと思うのです。で、ノドを縦に開くのが、通り道を細く高くしているのかもしれません。口笛でも口を細くしないと高い音出ませんしね。やっぱり声楽は笛ですかね。身体の中を空気が通ってなる楽器ですか〜。書いてるうちにこういう思いになってきました。あてずっぽうですが…。
tico
2008/07/20 01:14
 よく分かりました。感謝です。

 喉の問題のようなふりをしていても、結局はお腹の問題なんですね。歌では案外無自覚(これは困ったもんです)ですが、笛の場合なら、すごく納得です。

 結局はお腹だと分かっていても「喉自慢」という言葉があるとおり、私たち日本人は、声であれ息であれ、それでも喉を使う癖が抜けきらないのでしょうね。困ったもんです。気をつけないと。
http://stone.tea-nifty.com/blog/
すとん
2008/07/20 13:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

日々の努力(声楽144) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる