虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 力を抜く、力が抜ける

<<   作成日時 : 2008/08/30 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

声楽でも力を抜くことがとても重要だと感じていますが、これは何事に於いても重要なことで、「力が抜けたら一人前(いちにんまえ)」とはよく言われる言葉です。

私は朝起きた時は身体全体の筋肉が固まっているので、まずほぐすことから始めないと一日中しんどいです。

順番はあまり決まってませんが、腰、背中など、寝ている状態のまま小さな部分を軽く動かすことから初めて、徐々におふとんから身体が離れるようにしていきます。身体の筋肉が固いところを感じて、それをほぐす体操をします。

開脚前屈やヨガの難しいポーズなどは、身体がかなりほぐれてからやらないと、かなり危ないです。

----本題から離れて----
ヨガ、ストレッチ、体操、真向法など、呼び方や種類が色々ありますが、私にとってはジャンル分けは関係ないので、身体のどこを延ばすかを考えてやっています。(ラジオ体操のようなことはやってなくて、結局はすべてストレッチ=筋肉を延ばしてしばらくの間じっとしている=です。)聞きかじりの知識ではヨガがすべての元になっていて、そこから柔軟体操だとかストレッチだとか色々作られたということらしいです。ただ、ヨガと言うとストレッチ以外に独特の観念も含むように感じますので、「ヨガをやってます」とは言いたくないのです。というわけで「体操」と簡単に書いています。ヨガもだいたい見ただけでとても人間技とは思えない形の写真など載っていますから、やってみる前に引いてしまいますよね。でも、ヨガマットを買った時に付いてきた小さなパンフレットにはそういう写真ではなくて、普通にストレッチとしてやっていたような写真が載っていたので、かなり気軽に始められました。
--------

で、ストレッチをすると誰でも筋肉が引っ張られてあちこち痛いですよね。関節が痛い場合もありますが。無理をしないで、今日できるだけの範囲でやっておくこと、反動をつけないでじっとしてカウントすることです。そんなことを毎日続けていると徐々にあまり痛くないようになってきます。いつ痛くなくなるかは、その人の身体次第ですから、一週間の人や一ヶ月の人やらです。

さて、「力を抜く、力が抜ける」というタイトルに関連してですが、ストレッチが痛い時に「力を抜いて〜」と言われても「イタタタタタ…(涙)」状態で、力が抜けるところまではいきません。ちょっとだけ痛いですが、まあ我慢の範囲くらいに慣れてくると「力を抜いてみようかな」と肩の力とか足の力とか、ストレッチの形により抜く部分はまちまちですが、まあ、気持ちで「ほっ!」としてみます。すると身体の重みで更に効果的なストレッチが出来ます、出来るからまた「イタタタタタ…」なんですけどね!(笑)

力でゴリ押ししていてもストレッチの効果はなかなか出てきません。(と思います。)

そんなことで、ヨガの亀のポーズがかなり難しかったのですが、少しずつ前屈ができるようになってきました。


さて、亀のポーズの話は横へ置いておいて、声楽で力を抜く話へいきます。

私も家で発声をちょっとだけやっているとはいうものの、またまた「口が横へ開いています」と言われてしまいました。きっと何か間違って練習しているんだろうなあと思いました。

で、ストレッチのことを思い出しました。
ストレッチではまず小さな部分からほぐしていって、徐々に難しい技へ移っています。それが発声の家での練習はこれが出来ていなかったのですね。携帯のピアノの音が鳴ると、突然難しい高音を出すのですから。ヨガでいうと起きてすぐに亀のポーズをするようなものです。これは危険です。



レッスンでは声を出す前の儀式がいつもあります。

1. 歯の間からスーという息を吐き出す。カウントは10から始めて、10、8、6、4、2、1です。どの数でも完全にカウント内で吐ききります。お腹の筋肉を使います。

2. 「ほ・は・ひ・ひ」でお腹の筋肉を鍛えます。「ほ」で10回、「は」で10回、「ひ」で10回、最後の「ひ」は倍速で10回。これもお腹の筋肉の使い方の練習です。発音によって使うお腹の部分が違うようです。一回一回スタッカートできっちり吐ききることです。

3. 遠吠え。高い声で「おーーい!」低い声で「おーーい!」。低い声から高い声へつなげて「おーーおーー!」 ノドの力を抜いて遠いところにいる人に呼びかけるように。「お」はノドの形が丸いのかもしれません。昨日、そう思いました。

これだけ身体と声帯の準備をしてからハミングとか特定の母音とかでの発声練習へ移ります。

今の先生に習い始めてからずーーっと毎回やっていますが、もう2年近くになりますが、やっと練習の意味とか自分のやっていることが正しいかどうかわかるようになってきました。でもまだ出来ない日があったりもします。



こういう準備運動なしにいきなり高い音を出すのは、やはりノドに悪いなあと思いました。

ストレッチの時に、丁度背筋の運動をする為にうつ伏せに寝ている時、「ためいき」(ノドに力を入れないで声を出す)練習も一緒にやっていますが、まだ足りないみたいですね。

「ためいき」は、声を出そうと思ってない時に息と一緒に「お…」とか、勝手に声が出てしまうことです。(例えば眠りにつく直前、いびきではなく、息を吐いた時にふと声が出てしまうような経験はないでしょうか?)かなり無意識に偶然に出てしまう声を意識的に出すのですから、何度も何度もやってみて、感じをつかむまで時間がかかります。昨年からこの練習を始めて、本当の発声に近づいてきました。うつ伏せに寝ているのが辛い人はうつ伏せ加減の横向きに寝て、左右向きを変えて練習します。私はどういうわけか、左を向いている時の方が力が抜けやすいです。きっとストレッチとも関係あると思いますが、右肩の方が固いですから。


というわけで、「力抜いてみよう〜」と思わないとできないことではありますが、抜けるには抜ける理由があるんだろうと思います。「力抜ける」までに成長したいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
 今日の記事にはいきなりドキっとしました。

 実は、前回のレッスンの時にキング先生に言われて、ストレッチを始めたのですか、実は開脚前屈から始めていました。

 「朝っぱらからキツいな〜、これ…」とおもっていましたが、やっぱりいきなり前屈運動だと身体に悪いんだあ…。なんとなくそうは思っていたけれど、目覚めの一発には効くんだよね、これ。

 以後、気をつけるように心がけます。
すとん
2008/08/30 18:54
すとんさんも開脚前屈やっておられるのですか!きついですよねえ。でもきついながらなんか気持ちいいんです。まあ、練習が好きな人って、やや自虐的な傾向があるんじゃないかと思いますよ。そうでないと喜んで練習していませんよね。すとんさんは先生に言われたのですね。やっぱりストレッチも関係あるんですね。私は言われなかったけど、やっててよかった!そうじゃないかなあって思ってたんですよ。(笑)

私の場合、老化っていう根元的な問題を抱えていますので、やめられないのです。(>_<)
tico
2008/08/30 23:10
はじめまして・・・
テーマから入りました。
声楽始めて数ヶ月のおばさんです。
記事を読んでその通りだと思いました。
いかに力を抜くか・・・
楽に自然に歌うって難しいんですね。♪
ソナチネ
2008/09/20 02:00
すみません。
ブログを二つ持っています。
音楽ブログのアドレスはhttp://nyannyannyan.at.webry.info/
こちらです。よかったら遊びに来てください。
「メゾピアノ」といいます。♪
ソナチネ
2008/09/20 02:03
ソナチネさん、はじめまして!
>声楽始めて数ヶ月のおばさんです。

え〜〜!\(^_^)/
おばさんとおっしゃる割りにはブログはスゴク賑やかで華やかで若いですね!(背景画像などが…(笑))

しかも「nyannyannyan」ですか!おもしろ〜。
私の子どもがまだ小さかった頃、こんな歌を作って歌ってましたよ。(音があればいいのですが…)
http://cloudland.at.webry.info/200505/article_8.html

「ニャニャニャの歌」です。
tico
2008/09/20 10:01
ticoさん♪
早速コメントありがとうございました。
プロフィール見て驚きました。
大阪の方でしたね。ビツクリです。
http://cloudland.at.webry.info/200505/articleのアドレスに行って見ましたが不明でした。
私は合唱練習記事を詳しく書いてたんですが
すべて削除しました。ブログの記事も過去の分は削除しました。
またお邪魔させてくださいね。♪
ソナチネ
2008/09/20 10:57
>http://cloudland.at.webry.info/200505/articleのアドレスに行って見ましたが不明でした。

あら、残念!URLが途中で切れてるからかなあ?またよかったら(押しつけてないけどネ)探してみてくださいね。

「子どもとの遊びの中から」
http://cloudland.at.webry.info/200505/article_8.html

ニャニャニャの歌というのを作って子どもと歌っていたのですよ。歌詞だけ書いてますが、ニャニャニャしかありませんけどね〜。

私は合唱はやったことがなく、ほんとにふら〜っと声楽の個人レッスンに行ってしまったというのが実情です。ふと始めた割りにはとても面白くてまだまだ声楽の入門あたりでウロウロしていますが、これからもがんばります。がんばった分だけ、時間がかかっても成果が出てくるのが楽しいですね。

>大阪府

お近くだったら面白いですね!
tico
2008/09/20 12:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

力を抜く、力が抜ける 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる