虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS F dur(声楽154)

<<   作成日時 : 2008/10/17 16:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

発表会で歌う「ふるさとの」のオリジナル楽譜をもらいました。私の中声用に(Orig.:F dur)って書いてあったのですが、ドイツ読みはよく知らなかったので、てっきりF#だと思っていました。楽譜を見ると♭が1つで、Fでした!というわけで一番高い音はFなのです!半音でも気が楽になりました。


ついでですから、ご存じない方の為にリンクしておきます。

音名(Studio Major 7th)

私はギターなので英語読みで育ってきました。ドイツ読みを人が言っている時は、「あ、ドイツ読みをしているな。シャープの時はなんか後ろに付くんだな。」というところまでは分かるのですが、正確には理解しておりませんでした。

F dur=F major
F moll=F minor

Fis=F#
Fes=Fb

H=B

バッハのロ短調ミサはH mollですもんね。

というわけで一番高い音がF#じゃなかったのは、すんごーーく幸いでした。半音でずいぶん違いますもんね。


発声練習で、今日は初めての言葉が出てきました。なぜかオーム返しですんなり言えたのですが、帰りに思い出そうとするとちょっと時間がかかりました。たぶん、これで合ってると思いますが。

♪ナネニノニネナニナ〜〜〜(ドレミファソファミレド〜〜〜の音階で)

続いて先週もやった

♪ティ・ティ・ティ・ティ・ティ〜〜〜(ドミソミド〜〜〜でスタッカート)

それから毎週やっている

♪ロアロアロアロアロ〜〜〜(ドレミファソファミレド〜〜〜)


「ふるさとの」

腰に空気を入れるのはいつも覚えていますが、時々知らないうちにノドを閉めてることがあります。今日は家を出る10分くらい前に「あくびだ!」と思い出したのでした!声を出さずにお腹とノドの練習をしたので、声はよく出てくれました。よかった!

「い」の発音が少しましになってきたようです。

今日の発声練習は歌詞の準備だったようです。
「やなぎ あおめる」 「きしべ めに みゆ」
など「い」「え」行が続くところがあります。同じポイントに当てる練習をしました。

「え」がまだ少し落ちてしまいます。

でも少しずつ上へ、上へ意識を保つことが出来るようになりました。
今年の発表会の練習ではちょっと前進できるかもしれません。
あとは、体調を保つことです。これが一番難しいですね!
鼻もスーッと通ってないと声が出にくいですし。
あ、そうそう、今日はお腹で空気を送って鼻の奥で受けているというような感じがしました。で、頭の後ろの方が響いている感じでした。でもまだ一番高いFの音で(出てはいるんですが)すーっと空気が通らない感じでした。それは身構えているからなんだそうです。もっと楽になるようにしなくちゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 ticoさんもですか。私も実は英語の音名で育った人なので、声楽関係者のドイツ語読みは、未だになれません。一生懸命覚えている最中です。

 でも、なんかドイツ語読みの方が、暗号っぽくて、かっこいいなあ。なんか本格的な感じがします。感じだけだけどね。

 そうそう、半音下がって、おめでとうございます。限界近くだと、半音の差って、大きいですものね。
すとん
2008/10/17 19:45
ギターは英語読みですもんね〜。ピアノを教えてる友達はドイツ読みなので、話には聞いていたのですが、使わないと身に付きませんね。(へ音記号も昔は読めたのに今は数えながら冷や汗タラタラです。でも、読まないと読めなくなる…と思いつつ、やっぱりしんどいです。)

検索でドイツ読みを探していた時、リンクしませんが、別の人はドイツ読みでピアノを習ったけどポピュラー系へ進みたかったのか、ピアノコードを弾こうとしたら、英語読みなので、とっても苦労したみたいなこと書いておられました。どちらも苦労しますね。

イタリアでは何読みしてるのでしょう…?ドイツ読みかなあ?クラシックはドイツ、ポップスやジャズは英語とか分かれてるのでしょうか。
tico
2008/10/17 20:16
あ、そうだ。クラシックギターの先生は日本語でした!ハ長調とかヘ長調とか。私は今ではコードや調や音名がすべて英語の方が楽になってます。やはり日常使う回数でしょうねえ。しかも、フラット系はかなり苦手。シャープで物事を考えてますので。まあ、頭を使うのはいいことですね!ボケなくてネ〜。
tico
2008/10/17 20:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

F dur(声楽154) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる