虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノ合わせ(声楽162)

<<   作成日時 : 2008/12/19 14:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

今日はレッスン時間にピアノの先生に入ってもらって、発声練習の後、ピアノと合わせました。ピアノの先生は声楽で出演する三人分の伴奏をしないといけないので、練習も大変ですねえ。


今日は私の前の時間に発表会に出演される人がピアノ合わせをやっておられました。きれいな声が聞こえてきます。うわぁ〜、私もがんばらなくちゃと思いました。私の先生は発声についてかなりきっちり教えられるので、ちゃんと出るようになってきました。他の生徒さんもそうなんでしょうね。


この一週間は息を吸う時からすでに身体が開放されていることと、歌い出しの直前にはもうノドや頭が開放されていることの繰り返しをやっていました。例のウサギちゃんの口元はかなりできているつもりでしたが、今日はまだ直されました。ずいぶんましにはなっていましたが、あともうちょっときっちりしないといけないですね。発声練習はおかげで、どの高さの音まで出ているのかよくわからないくらい、ひっかかりがなく声が出ました。いつもは高い音へ行くと「アリャ…」というノドになるので、そのおかげで「ウーーン、高い音まできたんだなあ」と判断するという、本末転倒のような感じを持っていましたが、今日はすんなり出たので、高い音も出したんだろうか…と首をかしげながら終了。まあ、先生に任せておいて大丈夫でしょう。

ピアノの先生に入ってもらって伴奏をしていただいたのですが、元々、この曲はメトロノーム四分音符で80の速さなのだそうで、私の歌ではブレスが足りません。というか、そういう速度だとは全く気づかず、ブレスの間に合う速さでレッスンしていただいてました。(声楽の先生はわかっておられたでしょうけどね。)

そういうわけで、ピアノの先生には少し早めに弾いてもらうことと、フレーズの区切りでないところで、ブレスをすることにしている箇所でピアノが弾きにくそうなので、それを合わせました。15分くらいのレッスンでしたので、後は当日です。かなり危険。お互いを信頼するしかないですね。ゆっくり歌えたらもっと違うイメージできれいに思いますが、私の能力ではブレスが全然足りないので、仕方ないですね。

先日聞きに行った「クリスマス・オラトリオ」のソロの人達も一瞬にして爆発的な息を吸い込み、(お腹がボン!と動く)お腹がペチャンコになってギリギリまで息を出し続け、声は全くふらつかず、そういうテクニックの素晴らしさに感動というか、そこまでやるのか〜!と唖然という感想でした。私は今の状態でも必死なんですけどねえ。でも、最初ブレスが続かないと困っていた状態よりは続くようになったので、少しずつ息の出し方なども体験で会得していかないといけないのでしょうね。やはり、きちんと息を使って出していかないと、かえって息が足りなくなるというのはほんとうです。声楽の先生はピアノの先生にも注文を出しながら、私の歌にも注意をくださり、発声やブレスなども何度か確認しました。当日それがちゃんと出来るのかしら???

レッスンが終わると首の後ろ、うなじとか盆の窪の辺りがガーーっと熱くなってました。いつもそんなことはないので、どれだけがんばったんだろうと思いました。高い音(F)も高いとか全然感じずに普通の歌として声が出ていたので、よかったです。音のことより、発音とブレスで精一杯でした。あ、あとは一番と二番の歌詞をちゃんと歌うことです。いよいよ日曜日です。 朝10時過ぎに会場でもう一度最終のピアノ合わせ。やれることは全部やる!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
頑張ってくださ〜い!(^O^)/
Rei
2008/12/19 20:14
 いい感じになってきたではありませんか。すごいね、ticoさん。きっちり帳尻を合わせに来ているじゃない。すごいすごい。

 とにかく本番まで、その調子を維持して、今の力で最高の歌を歌ってきてください。遠くの空から応援してます。
すとん
2008/12/19 21:35
>Reiさん

がんばりま〜〜〜すっ!!

>すとんさん

徐々に頭を開く方法がわかってきました。やはり、開いて力を抜けば、高い音も出ることがわかってきました。とはいえ、まだFですけどね。ソプラノじゃないから高いといってもGくらいでいいかもしれませんが。

「ふるさとの」はブレスが長い曲で、緊張すると息が続かなかったり、吸うところを忘れて次へ行ってしまって、変なところで吸ったり、思いがけないヘマをやってしまいます。いわゆる「息の流れ」の為には色々できるべきことがあるということがわかりました。言葉で言うこととやることの差は、すごく大きいですね。

>遠くの空から応援してます。

「くさばのかげ」じゃないですよねえ!!!(笑)
tico
2008/12/19 22:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

ピアノ合わせ(声楽162) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる