虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れないように…(声楽164)

<<   作成日時 : 2009/01/16 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

今年二回目のレッスン。今月は毎週あるので嬉しいです。発表会の練習の時にかなり発声がよくなったので、あの時のノウハウや身体の記憶などを忘れないようにがんばっています。とはいえ、ちょっとずつ感覚がずれてくるので、レッスンの時に再確認しています。


息を吸うこと、押し出すこと、ノドの後ろを通ること、首の後ろを開くこと、頭に響かせることなどなど、少し身についてきたみたいなので、以前よりは元の木阿弥というまでひどく落ちてしまうことはなくなりました。でも、一生懸命鼻の横を上げているつもりでも、少し伸びて(下へ下がる)きたり、ノドの上を開けているつもりでも、少し塞がってしまったりと、まだまだ気が抜けません。また、高い音に気後れしたりすると息の勢いが減ってしまって、かえって出にくくなりますので、やっぱりエイヤッ!!と一発で身体ごとぶつからなくてはいけません。ガーンといくと息がいっぱい必要になるので、ブレスが続くかなあと心配になりますが、かえってこの時の方が余裕たっぷりあります。下手に「ブレスを持たせる為にちょっとずつ使おう…」なんて考えていると、途中で息がなくなります。歌の時も前へ、前へと歌い進めて行く方がブレスに余裕が生まれます。「前へ、前へ」という意味は、自分が立っている場所の物理的な前という意味もありますし、曲の先、次の音へつなぐという意味もあります。歌詞を読むように一つの意味の区切りまで一気に話してしまうという感じです。

ブレスも中途半端な気持ちで息を吸うと身体いっぱい吸えてなくて、足りなくなります。やっぱりいい加減な気持ちはだめですね。発表会くらいにがんばって身体全体で歌わないと!!


なんか一つ一つ、身体に染みこんでくるみたいです。こういう小さな体験をため込んでいかないとね!

コンコーネ43番は卒業。次は44番。譜面を見ると…。お腹をいっぱい使わないといけないみたいです。伴奏が36分音符なので、楽譜は4ページもあります…。でも、メロディはイタリア歌曲のアリアみたいにきれいですね。

歌は「ペチカ」。
「ペ」の発音が少しペチャンコになるのですが、鼻の横をきれいに上げてノドを開くとスコーンときれいに抜けます。気持ちよかったです。それをどの時の「ペ」でも実現しなくちゃ。今日は三番まで歌いました。歌いながらあかんところが自分でもわかりますが、一つ一つ仕上げられるように気をつけます。

「ペチカ」の二番の歌詞で意味がわからない部分があり、先生が英語訳のを見てくださったのですが、それでやっと日本語の意味がわかりました。(笑)

二番の「くりやくりやと」です。英語訳では「Bring ‘chestnuts’, ‘che_stnu_ts’」となっているので、「栗」のことだそうです。

「くりやくりやと 呼びますペチカ」=栗を持っておいでとペチカが呼んでいるようだなあ。

三番の歌詞も意味をどう取るかを先生と話しました。
「じき春来ます。 今にやなぎも。 もえましょ、ペチカ」

「もうすぐ春が来る、それからやなぎも来る。燃えようよ、ペチカ」 と読むよりは「もうすぐ春が来る、それからやなぎの青(新緑の芽)がもえるように出てくるよ。ペチカ」の方がいいでしょうねという結論になりました。

英語訳も「The willow trees will soo_n / recover green,」となっているので、私たちの意見と同じでした。

英語訳のペチカ(歌が流れますのご注意ください。)

英語訳のB. Itoという人は伊藤文吾さんのようです。よく知りませんが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 ペチカ、私も好きです。

 それでペチカで質問をします。ペチカって、歌う時に「ぺ“チ”カ」と発音しますか? それとも「ぺ“ティ”カ」ですか? 私の記憶だと、なんか歌手によって、その辺が違っているような気もするので、なんとなく、確かめなんですが?

 ticoさんは、どちらで歌っていますか?
すとん
2009/01/16 20:54
「英語訳のペチカ(歌が流れますのご注意ください。)」という部分のリンクが出来てなかったので訂正しました。

Pechika

と歌ってます。
それとリンク先の人のように「Pe--chika」と伸ばしていません。「Pechika」と四分音符で歌っています。

朗読しておられるサイトも見つけました。
http://hakusyu.net/Entry/27/

先生と私が歌う前に読む読み方とはずいぶん違います…。

でも、ペチカって発音しておられると思いますよ。

検索すると他にも出てきますが、「この歌は1923年に北原白秋が詞を書き、山田耕作が曲をつけたものです。たまにロシア民謡のように書かれることがありますが、ロシア民謡ではありません。」
http://www.tamagoya.ne.jp/potechi/2000/20000902.htm

tic
2009/01/16 23:17
歌のレッスンでは、初心者は出来るだけ基本に忠実に作られた歌を勉強する方が勉強になるようです。昨年まだ発声もうまく出来なかった頃に「早春賦」を練習しましたが、これは音型といい、ブレスの長さといい、かなり難しい歌なんだそうです。一応先生はなんでもレッスンしてくださいますが、中田喜直の「さくら横ちょう」を歌いたいと言った時は「それはまだ早いです。」って言われました。いつか許可が下りるように力を蓄えたいです。「ペチカ」は言葉のイントネーションに忠実に作曲されていて、いい練習になるそうです。発表会の曲に「ふるさとの」という、私の知らない歌を推薦してくださった時、やはり先生のオススメは的確なんだと実感しました。最近も発声の基本は「ふるさとの」で出来た部分ですから。発表会を思い出すといい発声ができます。
tico
2009/01/16 23:33
こんばんは。
ペチカは、よく歌われる歌として小さい頃から聴いていましたが、ペチカがロシアの暖炉というのは不思議なことになんとなくわかるものですね。
ちなみにペチカはロシア語でペーチカといいます(^^)
私は日本語で歌ったことがないのですが、日本語の発音の仕方で歌おうとすると難しそうなイメージです。でもきっと叙情的な歌など、癒されそうですね。
Rei
2009/01/17 02:41
Reiさん
>私は日本語で歌ったことがないのですが、

ロシア語で歌われたのですか?
北原白秋の作詞で、元々日本語の歌ですよね?ロシア語訳の「ペチカ」もあるということなんでしょうか?
色々検索していると、「ロシア民謡ではありません。」とわざわざ注意書きがあるところも見ました。よく間違われるのでしょう。

「ペーチカ」というのはwikipediaで見ました。ロシア文字も。「ペチカ」と歌われていますが、アクセントは常に「ペ」に置かれています。こういうところが、言葉に忠実に作曲されているという意味なんでしょう。

>日本語の発音の仕方で歌おうとすると難しそうなイメージです。

日本歌曲としてきちんと教えてもらえばそんなに難しい歌ではありませんよ。少なくとも意味はわかりますしね。話すように歌うということが基本です。
tico
2009/01/17 09:21
言葉が足りなくてごめんなさい。日本歌曲を歌ったことがないんです(^^;
やはりどの言語でも「話すように」が基本なんですね〜。

ロシア歌曲は時々自分だけで歌います。ロシア歌曲を教える先生が見つからなくて…

ロシア語のアクセントってその部分を伸ばすんです。ロシア人と勉強で会話しているときアクセントで伸ばさないと、いちいち言い直されます(^^)
Rei
2009/01/17 18:05
Reiさん、わかりました!「ペチカ」に限らず日本語の歌を歌われたことがない、ということで、「ペチカ」をロシア語で歌われた意味ではなかったのですね?

>ロシア歌曲を教える先生が見つからなくて…

声楽を習うまではどんな歌でも歌えば歌えるものだと思っていましたが、歌は言葉ですから、発音と意味をちゃんと教えられる人でないと歌わせてもらえないということがわかりました。

ドイツリートの先生に会った時は、「ロシア語の歌も歌いたいんですが、ロシア語ができないのでねえ〜」と残念でした。フランス語の歌はそれらしく(まあだいたいの意味)歌えますよっておっしゃってました。スペイン語の歌もかなりこぶしが回ってスペインらしさを必要としますので、誰でも歌えるわけじゃないようです。そういう意味がわかったのは、一つの成長だと言えると思いますよ。

アクセントのある部分って少し伸びますね。「イタリア」も「イターリア」になりますし、スペインという意味のエスパーニャもそうですね。
tico
2009/01/18 14:11
まちがい発見。訂正します。
>ドイツリートの先生に会った時は、「ロシア語の歌も歌いたいんですが、ロシア語ができないのでねえ〜」と残念でした。

残念がっておられました、と言いたかったのでした。先生がロシア語の歌を歌いたいけど歌えないと残念がっておられたのでした。
tico
2009/01/18 14:13
フランスに住んでおり、日本歌曲をフランス訳と共に、フランス、ルクセンブルグなど、ヨーロッパで紹介しています。http://www.youtube.com/watch?v=PxxIgu5wrT0 (ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/tsmylpj/MYBLOG/yblog.html)
日本では日本歌曲の英語やその他の国の訳はいろいろあるのでしょうか?
フランス
2010/08/31 17:36
フランスさん、残念ながら、私はただ習っているだけなので、日本歌曲全体とか声楽全体とかの様子は全く知りません。

>日本では日本歌曲の英語やその他の国の訳はいろいろあるのでしょうか?

日本で日本語以外の日本歌曲は歌わないでしょう。
tico
2010/08/31 20:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

忘れないように…(声楽164) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる