虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS やっているつもりの危うさよ(声楽171)

<<   作成日時 : 2009/03/13 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

発声の最初の練習で「あれ?」という声が出て、知らず知らずのうちに、少しノドを締めていたようです。自分ではちゃんといつものようにやっているつもりだったので、「へえ?」という思いでした。


おかげさまで先生に「ノドを締めています」と言われて、すぐさま気をつけたので、悪い方へ転がらなくてよかったですが、一生懸命気をつけているつもりでもこれですからねえ。

花粉症は昨日はとてもきつく症状が現れていましたが、今日はかなりましでしたのでよかったです。少し水ばなが出るので、ティッシュを持ちながらのレッスンでしたが、歌いこむと水ばなも収まりました。


コンコーネ46番

なんとか一週間で歌えるようにはなりましたが、自分で練習していたよりテンポが早かったので、頭をフル回転させました。この曲は同じ音がつながるので、その歌い方の練習だそうです。あと、半音下がったりする音のつながりの部分、音程が曖昧にならないようにとの注意でした。


「かやの木山」

習う前に「かやの木山はどうでしょう?」みたいに聞いた時に、先生は「日本歌曲と言えば!というような歌ですから、練習したらいいと思います。」とのお返事でしたので始めました。

さすがに先生のおっしゃる意味がわかってきました。

ただ単にきれいに歌うだけではなくて、お話、読み聞かせ、せりふのような、音と言葉に表情をつけなければいけないのです。他の歌でもそれは必要でしたが、今まで習った歌よりもっともっと起伏のある表情が必要になってきます。短い間にコロコロと要求されることが違ってくるというところが難しいように思います。メロディもせりふ回しにふさわしいようにつけてあるので、リズムになかなか馴染めません。でも、きちんと習得すれば、この歌も一つの物差しになるんじゃないかと思います。


来週は祝日の為お休み。
ほんとうなら少しほっとするところですが、3月の一大イベントがあるので、声楽の練習にどれだけ時間を割けるかが心配です。でも気を抜かないようにがんばらなくちゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 “知らず知らず”とか“やっているつもりの”とか、怖い言葉が並んでますねえ…。

 声楽はなにしろ、自分のやっていることを、目で確認することができませんから、“自分ではちゃんとしているつもり”が実際はとんちんかんな事をやっているというケースは少なからずありますね。

 せめて、発声の仕組みとかやり方とかが、目で見えたら、目でチェックして、そんなに間違えないでしょうに、そういうわけにもいかないし、自分の声は自分ではきちんと聴けないし…。私はだからでしょうか、いつも“五里霧中”な感じがします。根底に不安があるというか…。だから、レッスンって大切なんだと思います。

 私も花粉症です。だから雨降りの日は少しだけ安心します。
すとん
URL
2009/03/14 02:22
>すとんさん

色々考えて見ましたら、なんでも、すべてのことが自分の身体を通してしか習得できないんですよね。スポーツも、習い事も。たぶん、コヒーやお茶を入れるコツというのも。

目で見て確かめられることはたくさんありますが、それだけで会得できないように思います。

ですから、きちんと身に付くまでは軌道修正していただく先生が必要なのですね。例えばプロ野球の選手にもコーチがついているように、またプロの人でもフォームを変えてもっと伸ばしたり。これでよいということは一つもないのだと思うと、自分のやっていることはいつも危ういものだと思います。あまりがっかりしてないです。そんなもんやなあと、やっぱりという思いの方が強いです。そして気づかせていただいてうれしいです。
tico
2009/03/14 15:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

やっているつもりの危うさよ(声楽171) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる