虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 走れ〜〜!(声楽180)

<<   作成日時 : 2009/06/28 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

発声はちょっと先週より悪かったですが、もしかしたら肩が上がっていたかなあ?それもそうだけど、結局まだ息を動かすことが上手ではないからです。


昨日走ったせいかな…。疲れてる?予習不足?

コンコーネ49番

テーマの歌とバリエーションが1と2。

テーマはそんなに難しくないです、音を取るだけならね。
バリエーション1はリズムが変化する程度で、音取りはテーマとそう変わらない。リズムは全編シンコペーション。それは大丈夫だったのですが。上のファが出てくるので、やっぱりその音だけをなんとか出そうとしてもいい声にならないので、もっと息を動かすように言われました。先生のどういう言葉で私がイメージを持ったのか、思いさせないのですが、とにかく、走った!走った!走った!←イメージの世界です。

すると音がすんなり出るのです。私が前にも書いたように、助走をつけて全速力で走って跳び箱をバーンって跳ぶ感じ。気持ちよかった〜。(あとはなんとか定着するようにがんばる!)

バリエーション2。実は予習はバリエーション1まで真剣にやっていて、バリエーション2はちょこっと譜を読んだだけでした。「え!歌うわけ?!」と心の中で大慌てでした。仕方ないので歌いましたがかなりムチャクチャです。まあ、先生もそれくらいはお見通しでしょうけどね。音程がムチャクチャなのはさておいて、(おいとくか?!)息の動かし方です。三連音符が続いているので、先生は「手を動かしながら歌ってみてください。」とおっしゃいました。いわゆる、「♪いとをまきまき」みたいな、または柔道の指導(審判が手をグルグルって回すやつ)みたいな感じで、ずっと手をグルグル、グルグル回して歌いました。いやあ!面白いのって!!ほんと!息が回転、全速力で身体を駆けめぐるのですよ。これで音程がちゃんと歌えていたらいいんでしょうけど、楽譜とにらめっこですから、火の車でした。また次回がんばります。


「お菓子と娘」

どういうわけか、声がよく出るんですねえ。不思議です。どこまで出来ていたのか、自分では判断できませんが、一応卒業ってことになりました。何か息の動かし方に慣れてくるんでしょうか。コンコーネとの違いに自分でも不思議です。

次の歌は「子守歌」(野上彰作詞、團伊久磨作曲)
ラジオで一回聞いたか…どこで聞いたか…私もよく覚えてないのですが、お母さんと子供の会話になっています。

こちらの20番目の歌です。試聴できます。
唐澤まゆこ/なつかしい未来〜日本のうた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あと少し掘り下げよ(声楽201)
うーーん、どんどん近づいてきました。もうちょっとでわかりそうなところまで来ました。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2009/12/18 17:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ticoさんはファでご苦労されてるみたいですが、私はその上のソ(実際は1オクターブ下でしょうが)で苦労してます。

>やっぱりその音だけをなんとか出そうとしてもいい声にならないので、もっと息を動かすように言われました。

 そうそう、その音だけ、ついつい「なんとかしよう」としちゃいますが、その一つ前の音からちゃんとしないとダメと言われてます。息を動かす…確かにこの息の動かし方がポイントなんだろうと思います。変な方向に動かして、開いてる身体を閉じさせ、閉じていなきゃいけないところが開いちゃうのが私の現状のようです。…ようですと書いたのは、さっき、私が練習しているを聞いた妻が言ってたことなんですけれど。

 息の通り道がきちんとマスターするのって、やはり難しいですが、これができていないと、歌えないのだから、困ったものです。でも、息の通り道が合っていると、声って、おもしろいぐらいにすんなり出るものなんですよね。あれは、不思議だと思います。
すとん
2009/06/28 20:11
ファはこわいのですが、どういうわけか、ミの方が出にくいのです。でも絶対そういうことになるというわけでもなく、やっぱり息の動かし方で全く結果が変わります

この日のレッスンの最後に先生がおっしゃったことがとても大事なことでした。三連音符の時に手をグルグル回して歌いましたが、本当はゆっくりした歌でもそれくらい動いていることをわかってほしいのですと。

「お菓子と娘」は動きの多い楽譜でしたが、もっと流れるようなゆっくりした歌でも同じくらい動かさないといけないようです。少し意味はわかりつつあります。

コンコーネでもそういう練習が主になりそうです。49番の初めはゆっくりしていますから。でもほんと、息が動くと声はすんなり出て自分でも気持ちいいということがわかってきたので、それがとても大事なんだなあと実感しています。まだまだこれからですけどね。
tico
2009/06/28 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

走れ〜〜!(声楽180) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる