虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS ふと楽になる時(声楽183)

<<   作成日時 : 2009/07/17 16:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先生の注意を色々覚えてやっているつもりでも、そう簡単にいつも出来るという状態ではないのです。でも少しずつ少しずつ「塵も積もれば山となる」のように何かがわかってくることを目指しています。


ノドを縦に開けるということを重視して一週間過ごしてきました。

先日のSimon & Garfunkel Liveの時は二人が出てきたしょっぱなから、イントロを聞いて何の曲かわかった時、アンコールをおねだりする時、そしてとうとう終わってしまった時まで、折に触れ「オーーー!!」と黄色い声で声援を送っていました。舞台に届けとばかり、ノドを縦に開けてお腹から息をいっぱい押し出して、全くいい発声練習でした!!ノドに負担のかからない声が出せたと思います。

最近スローランニングもやっていますが、スケジュール的には一週間に一回走れたら最高という状態なので、ほんとに気楽にやっています。先日は暑かったのでスローランニングでもしんどくて、半分歩いて半分走るという方法で公園を6周という目標は達成してきました。(約3km300mらしい。)この時もしんどい時は呼吸が大切になってくるので、歩数とともに鼻で吸って口で吐くというリズムを作って走りましたが、声楽でノドを縦に開けるという方法で息を吸ってみると、空気がいっぱい入ってきてすごく楽に吸えました。「あ、これか〜」と思いましたが、ずっとそれが持続するというほど身に付いているわけではなかったです。また次回走った時にこの呼吸についても工夫してみようと思います。

レッスンまでそういう風に過ごしてきて、今日はいよいよコンコーネ50番。一応譜面は読んでいましたので、歌はたいした出来ではなかったですが、とりあえず一曲全部歌いました。

ノドを縦に開けることと、テルミンのような音階と、お腹で息を押していくことを注意したので、ミまではきれいな声で歌えましたが、ファ#が出てくるとやはり気にしているのか、(そうなんです…。気にしています。)やはりノドを絞った声になってしまいました。「歌だと思わずに叫んでください。」と言われてS&Gライブの時みたいに「オーーー!」と言うとちゃんとファ#の音がきれいに出ているのです。でも歌うとやっぱりだめでした。今度はこれを習得しなくちゃ。

「子守唄」

細かく言葉の意味とか発音とかをチェックしながら歌っていきました。ノドを縦に開けることの次は首の後ろを開けることです。まだ閉まってる感じはしているのです。お腹が出来てノドが出来て、次は首の後ろです。今日は先生が「遠回りして前へ」と言われました。つまり一旦後ろへ行ってから前へ出すということです。そういうつもりで声を出すとすごく楽に出ます。ノドが楽だというだけではなくて、なんというか、身体全体がふわ〜っと柔らかくなるのです。息をしているだけで、特に歌ってはいない感じなんだけどきれいな声が出ています。自分でも感動していましたが、それがずっと出来るわけでもないのです。こういう場所が何度もありました。すぐに元には戻ってしまいますが、でもこういう世界があると知ったのでした。砂漠のオアシスのように歩いていくとごほうびがあるんでしょうね。今はまだごほうびというよりオアシス目指してがんばって歩いているところですが、「あっちにあるぞー!」とわかったので方向が定まったという感じですね。

とにかく歩き続けるのみですが、少しずつわかっていくのが楽しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 コンサートがいい発声練習とは…さすがですね。私がコンサートに言ったら、たぶん逆にノドをつぶして帰って来そうな気がして怖いですよ。

 それにしても、ノドは縦開きですね。意識するのを忘れたり、ちょっと厳しいところに差しかかる、すぐに横開きになってしまいます。忘れちゃダメなのにね。

 分かっていても、できないことがあるのか、音楽を学ぶ上での醍醐味かなって思ってます。つまり理屈で責めたり、机上の話は、演奏には何の影響力もないという事で、上手に演奏したかったたら、身体で覚えるしかないというのが、潔くていいかなって思います。そこが音楽の魅力って奴なんだと思います。
すとん
2009/07/19 02:07
>つまり理屈で責めたり、机上の話は、演奏には何の影響力もないという事で、(以下略)

そうなんですよね〜。それが面白いですね。しかも体験というのは一人一人違う感覚なので、見た目に同じことが出来ているとしても、その道程は全員違う道を、苦難の道をたどっているんですもんね。

でも、女性だったら出産の話をすると各人が自分の体験を話し始めて大盛り上がりして収集が尽きませんよ。

それから自転車に初めて乗った時の話とかね。身体で覚えるしかないと思った最初の体験じゃないでしょうか。

面白いですね!
tico
2009/07/19 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

ふと楽になる時(声楽183) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる