虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 浮いたり沈んだり(声楽181)

<<   作成日時 : 2009/07/03 16:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

まるでかなづちの水泳ですねえ…。(笑)今日はコンコーネ沈没でしたが、歌は浮きました。


ほんと、たいへんです。

でもまあ、この3年半にポイントに当てることが出来るようになった、発音を訂正されることがなくなった、という出来るようになったことはあります。今格闘しているのは「息を動かすこと」です。

今日は発声練習から高い音はよくなかったので、そのままコンコーネもうまく行きませんでした。「考えずにもっと息を動かしていきましょう。」と言われました。

歌は今日から「子守歌」です。
一回目歌った時は音が低いのに、全体がよくない発声でしたので、自分でもどうしちゃったんだろと思いました。一度その変な声で出発すると、途中で建て直しが効かないですね。原因もよくわかってないしね。

先生の注意に従って徐々に声が出てきました。発音は割と定着してきているみたいです。一つ一つの母音や子音よりは、もう、言葉の意味に従って気持ちを考えることと朗読のようにイントネーションをつけるというような練習になっています。歌の方が言葉を読んで風景などを思い描いているので、音のことを忘れていられるような感じがしました。感情が入りやすい分、息も動いているのでしょうか。

それより子守歌なのにこんなに叫んでいいのか…と思いましたが、歌ですからね、寝ている子供にささやいているのではないですからね。人にお話を伝えなきゃいけないのですからね。

コンコーネは歌に比べて初めて声に出して読む英文のような感じで、意味も感じもないので、息が動かないんでしょうね。 やっぱり身体を使って練習しないといけないですが、家ではなんかノドだけの練習になってしまっているみたいです。諸々の問題を打破しないといけないです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 仲間〜、発見〜。

>一度その変な声で出発すると、途中で建て直しが効かないですね。原因もよくわかってないしね。

 うんうん、最近はその回数が減ったというものの、出だしでコケると修正って、なかなか効かないんですよね。困ったものです。でも、ticoさんでもそうなら、私ふぜいに建て直せるわけないものね、安心(してよいのか?)。

 浮いたり沈んだり…それでも着実に前に進んでいるんですよね。私もticoさんを見習って、浮いたり沈んだり流されたり巻き込まれたりしながらも、ちょっとずつ進んでいこおっと。
すとん
2009/07/03 18:01
「今歌ってる発声ではダメなんだ」ということがわかるようにはなりましたが!どうしたらあのきれいだった発声へ行けるのか迷路でぶつかってます。なんかの拍子に新しい道が見つかって「よしよし」と進むのですが、また壁が。毎週オロオロしてます。お助け風船ほしいですねえ!迷路をショートカットして即ゴールってことには…ならないですもんね。山登りと同じですね。続けるのみです。きっと明るい道へ出ることもあるでしょう。トホホ。 敵は自分ですからねえ。あきらめちゃーいかんのです。ただ、それだけです。
tico
2009/07/03 18:30

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

浮いたり沈んだり(声楽181) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる