虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS もう少し開放を(声楽188)

<<   作成日時 : 2009/08/28 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先週さわやかな風が吹いたノドの奥というか鼻の裏。その感覚をとにかく忘れないように一週間練習していましたので、それはだいたいできるようになりましたが!それで完璧ではないんですよねえ〜。


もちろん、大きな前進でした。すごく気持ちよく声が出ます。

ただし、それに気を取られると、身体が頑張りすぎて前のめりに立ってしまったり、ノドを閉めてしまったりして、まだまだやるべきことはたくさんあります。(笑)徐々に開放していくことを覚えないといけないですね。

コンコーネ2番。
クレッシェンドとデクレッシェンド。音が下がったところでもう一度意識を上げる。がんばりすぎない。(力むから)


「子守唄」(野上彰作詞、團伊玖磨作曲)
発声が以前よりましになったので、一応卒業。とはいえ、完成というのはまだずっと向こうにあります。そういうもんですけどね。歌詞を歌声できちんと読んでその勢い(言葉の流れ)で歌うと歌としても流れていきますが、息も流れます。その為ブレスも足ります。まだ時々、というは半分以上、音符にとらわれて歌詞の流れが妨げられます。いやあ、もっともっと読まないといけないですね。歌うより読む方が大事でしょうね。

次回から「ちんちん千鳥」を歌います。
日本歌曲でよく目にする題名ながら歌を知らないという歌です。先生に習っている間に「日本歌曲とは」みたいな基本になる歌を習っておきたいと思っています。

声楽を習い始めたきっかけは武満さんの歌を歌いたかったという動機でしたが、今覚えば基礎もなく、好きな歌を歌わせていただいて、歌に申し訳ないと思います。(先生はなんでも教えてくださるので)ようやく世の中が見えてきた年齢になってきたような気がします。歌年齢は3歳8ヶ月。ちょっとはおりこうになったかな?

来週はお休みなので次回は9月11日です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>がんばりすぎない。(力むから)

 今週はこの部分に目が開かれました。そうですね、歌は「がんばりすぎない」事が大切ですね。私は頑張っちゃって、頑張りすぎるかのが、却って良くないんだなあ…と最近、うすうす感じていたところです。その理由は…ticoさんのおっしゃるとおり「力むから」。

 分かってても力んじゃうんだよね。脱力したまま歌うには、勇気が必要です。ああ、私に勇気をお与えになってください。
すとん
2009/08/29 02:47
レッスンは息を吐く練習から始まるのですが、最初に声を出す時は「遠吠え」と言っているものです。つまり私がSimon & Garfunkelのライブで叫んだような声です。あの時はレッスンのことを思い出してノドに負担をかけないようにして叫んでいました。息を吐く時から常に鼻の奥の広々とした空間を意識していますが、それがうまく出来ると遠吠えもすーっと出ます。で、それと同じように歌の時も力を抜いて歌ってるとは思わないで叫んでくださいと言われます。確かにそう思って叫ぶとちゃんと上の音(たかが、ミですが)がきれいに出ます。やっぱり「高い音だなあ。がんばらなくちゃ!」と思っているんでしょうねえ。それを「こわがっている」とも言われるんでしょうね。まあ、今はこわがっている状態は過ぎたような気もしますけどね。以前は本当にこわがっていました。(あ、でも、ミやファの話ですから。ソになったらこわいかな?)

いくら鼻の奥が広く使えるようになっても力んだり下アゴが前に出たり首が前に出たりすると閉まるんだそうです。私は今そういう状態です。歌っているうちに前のめりになってくるそうです。まっすぐ立ってくださいと言われました。きれいな上品なお姫様を思い浮かべようっと!でもお腹など横隔膜の辺りはもう必死ですよ〜。白鳥もおだやかに水面を滑っているようで実は足が忙しく動いているんですもんね。そうだ!白鳥になろう!すとんさんは何になります?シンクロナイズドの立ち泳ぎでも白鳥みたいですね。
tico
2009/08/29 12:15

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

もう少し開放を(声楽188) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる