虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 発表会の歌は(声楽193)

<<   作成日時 : 2009/10/16 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

まだ決まりませんが、今日はコンコーネをやめて「たんぽぽ」のレッスンをしました。


まずは発声練習。
「み〜お〜〜〜〜」になってから、少しノドが縦に開きやすくなっているようです。まだ完璧ではないですが、この方向で努力したいと思います。まずは「み」がきちんと出ないと「お」もつぶれていきますから、鼻に入れるようにがんばります。


発表会の歌を決めないといけないので、私が希望している「たんぽぽ」の練習をしました。楽譜はだいたい頭に入れていきました。だいたいっていう所が中途半端…。思ったより完璧まで練習出来なかったです。発音などに細かい注意をいただきました。私ががんばれれば発表会の歌になるでしょうか。10月末までに申し込んだらいいので、あと2回レッスンがある間に決まるでしょう。

今日のレッスンをどれだけ覚えているかなあ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 「たんぽぽ」って、中田喜直の奴ですか? 私は日本歌曲に詳しくないので、思わずググりました。なかなかシブくていい感じのやさしげな歌じゃないですか。

 日本歌曲もおもしろそうですね、とっても難しそうだけれど。
すとん
2009/10/16 19:47
ググッて出て来ましたか?私は苦労しましたよ〜。なかなか試聴できなくて。
中田喜直作曲、三好達治作詞です。

もし見つからない人の為に試聴できるところを紹介しておきますね。伊藤京子さんの歌です。日本歌曲の大御所になられているそうですよ。私が一番初めにクラシックの歌い手として知った人です。(高校生の頃です。)
http://item.rakuten.co.jp/book/3843231/

声楽を習い始めた時は何を歌いたいということもなかったのですが、どちらかというとドイツリートが好みでした。今の先生になった時に日本歌曲はドイツリートとイタリア歌曲の間の特徴を持っているので練習し始めました。いつの間にか丸3年日本歌曲の練習をしていますねえ。この「たんぽぽ」はピアノと歌のかけあいみたいな感じでまるでドイツリートのようです。中田喜直さんの曲は他にも本格的な歌曲が多いですね。日本人もいい歌書いてくださっています。他にも山田耕筰とか平井庚三郎とかもいいですね。
tico
2009/10/16 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

発表会の歌は(声楽193) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる