虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌うことと歩くこと

<<   作成日時 : 2010/01/13 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

声楽を習うまでは声をちゃんと出すことがこんなに難しいとは思いませんでした。歌って子供の頃から自然に歌ってるし、誰でも歌うし、メロディと歌詞を覚えたら誰でもすぐに歌えると思っていました。正直、半年くらい習ったら私の知らないコツを教えてもらえて、それで終わりだと思っていました。


何がこんなに難しいのかなあとよく考えていました。

ふと、歩くことと同じかもしれないと思いました。

例えばモデルさんになるとか、タレントになるとか、舞台に立ったり、人にきれいに歩く姿を見てもらう仕事の人は、歩く練習をすると思います。

生まれてからねんねしていた赤ちゃんが1歳くらいになると歩きます。それ以降、誰にも教わらずにみんな歩いています。

そのこととモデルさんみたいに訓練するのとの違いが、だれでも歌うこととクラシックで発声を訓練することの違いと同じかもしれないと思いました。

人に聞いてもらえる声を訓練しないといけないんですよね。


実はギターでも同じことが言えます。(もしかしたらピアノとか他の楽器でも同じことがあるかもしれません。)ギターも弦を触れば音は鳴りますが、クラシックギターの本格的な音を獲得するにはそれなりの訓練が必要です。


アナウンサーや朗読を訓練した人も声や発音が変わってしまいますね。


それから、歩く、歌う、話す、ギター、どれも、本格的な方法を獲得してしまうと、元の何も訓練しなかった頃のようには歩けない、歌えない、話せない、ギターが弾けないのです。一言でいうと素朴な感じはなくなってしまいますね。


ジャンルによっては、できるだけ矯正しないで素朴なままの姿や声を大切に思うこともあるので、何が正しいとか正解だとか言っているのではないのです。ただ、訓練しないと通用しないジャンルもあるということですね。


先日ラジオでクラシックの発声をきちんと身につけた人が話しておられましたが、違いさえわかればジャズも歌えると言っておられました。クラシックは一番洗練されているというか研ぎすまされているというか純粋な声の成分を使っているんじゃないかと思いますが、ジャズの場合はこの声に少し息を混ぜていくとジャズらしくなると。


そういえば、アフリカのカリンバはヨーロッパへ渡って元々備わっていた雑音を排除し、純粋なきれいな音になってオルゴールになったと聞きました。クラシック音楽の音は澄んでいる音が好まれると思います。民族楽器は雑音が混ざっている方がきれいだと思われます。三味線のさわりなどもわざと雑音を出すように仕組まれています。


私はクラシックが好きなので、声楽の練習は好きです。少しずつ本格的な発声に近づいていると思います。それを目指して…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>ジャズの場合はこの声に少し息を混ぜていくとジャズらしくなると。

 これ、前回のフルート発表会の時に、声楽のキング先生に同じような事を言われました。フルートの発表会では、歌い吹きをやったのですが、そのヴォーカル部分にキング先生からダメ出しが出て「声に息を混ぜて歌う」特訓をしました。

 あと、パワーは押さえ気味にする事と、マイクを使うという前提なのだから、側鳴りの声で歌うことも練習しました。でないと、ついついフルヴォイスで歌ってしまったり、よく通る声で歌っちゃいますからね。

 確かに基本は一緒ですが、枝葉の部分はかなり違うし、目立つのはその枝葉の部分ですから、違いは違いとして、しっかり押さえておかないと、ジャンル違いになっちゃうそうです。
すとん
2010/01/15 13:40
そういうジャンル違いでの技術も、先生はご存じなんですね。クラシックの発声は独特ですからこのまま歌うとクラシックでしかない歌になりますね。

私は今やっとクラシックの発声がすこ〜しましになってきたところなので、それ以外の歌はまだやめておきますけどね…。それにマイクなしの発声を習っているので、今は抑えめにすると声が出ないのです。まだきれいな小さい声って出ません。一生懸命です。

そういえば、知り合いの声優さんもマイクに乗る声を練習するのだとか言っておられました。
tico
2010/01/15 15:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

歌うことと歩くこと 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる