虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 風邪その後

<<   作成日時 : 2010/04/06 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

熱は1日で下がったのですが、身体がだるいので日曜日(4/3)までほとんど眠りっぱなし。

とはいえ、洗濯したりごはんを食べたりパソコン(こういう時に頼りになるネットブック、無線LAN接続!)をしたりと、病人ライフを楽しんでいました。「何時に何をしなければいけない」という制約から全く離れて、寝たり起きたり遊んだりの生活。ラジオも聴けますし、パソコンにはiTunesも入ってますので好きな音楽も聴けます。

昨日(4/5)はギターレッスン日。久しぶりにたくさんしゃべったので、治りかけていた咳がまたぶり返しです。風邪の一連の進み方は「ここがこうなったらああ、なって…」としっかりわかっていますが、それを止めることはできないですね。正直に順番にあちらが治ればこちらが悪くなり…と連鎖していきます。咳がいちばんやっかいなんですよね。

寝ていても咳をしていても、一番声楽のことが気になります。喉が真っ赤な初日も、歌えるかなって声を出してみました。喉が赤い部分と歌うポイントは違うんですね〜。この間習った鼻呼吸での高いポイントは大丈夫でした。ただ、発音の為に喉が動くと痛いのでした。

声が出なくなった日はさすがに何もできません。たぶん声帯が閉じてくれないんでしょうね。

咳をしている時は呼吸が浅く、タンを排出する為の咳ですからかなり浅い場所だとわかりました。それと鼻呼吸=横隔膜での呼吸とは全く使う場所が違いました。タンのある場所を使ってないです。咳をした後、深呼吸で身体を休めます。同じ肺を使ってるはずなのに、空気の通り道が違うみたいに感じます。歌の時でもブレスで「ヒュ!」って音がするのは胸呼吸なんですね。鼻呼吸の場合は無音で胸も動かずにちゃんと歌えるだけの空気が肺に入っているんですね。ほんと不思議です。

あ、そうだ。今回の風邪では全然鼻が出なかったです。これもすんごく不思議です。今のところヒノキ花粉もまだ来てないです。

もうギターのレッスンもあるし、声楽のレッスンもあるし、パントマイムの練習もあるし、これからどこまでできるんでしょう。咳が治るといいのですが。咳って疲れますよね。でも今のところ腹筋は痛くないです。これも声楽のおかげ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

風邪その後 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる