虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 軟口蓋(声楽214)

<<   作成日時 : 2010/04/16 16:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鼻の奥、奥歯など開けてはいるのですが、まだまだ足りず…。「かかかか」の練習はしていたのですが、一生懸命やると口元が固まりすぎて悪影響です。もっともっとりらっくす〜〜。


今日は面白いことをやりました。
軟口蓋をきっちり理解する為に先生が「こういうことできますか?」とやってみせてくださったのは、まさにフランス語のアールの発音みたいにノドの奥をルルルルとふるわすことでした。私はずっと前に勝手に、フランス語のアールってこういう雰囲気かなあって思って発音を練習してみたことがあって、ちょこっとはできますが、そんなにきれいに震えないんです。でも場所的には「ここだな」ということはわかりました。風邪の治りかけで、時々その辺に痰がへばりついてます…。


「かかかか」でもまだすこ〜しアゴが動くことがあるのと、がんばりすぎて口元が固まってるのがよくないとのことで、「たたたた」に変えました。でも「た」でもアゴはあんまり動いてはいけないそうです。私はすんごく動いているとのこと。たしかに…。もっともっとよく練習しなくちゃ…。でもがんばりすぎてはいけない!ぼーっとした口元で軟口蓋をきっちり上げる!


それと、「あ〜かな?こ〜かな?」と考えながらやっているので、顔が真剣すぎてこわいんだそうです。そういう顔って筋肉が下へ引っ張られているので、もっと明るい楽しい顔にすると上に上がりやすく、力の抜けた声が出やすいそうです。


すべて力を抜くという一言で片づけられますが、力を抜く練習をしないと抜けないですから、前進前進!がんばらずにがんばろう〜!

コンコーネ8番と「浜千鳥」は同じ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

軟口蓋(声楽214) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる