虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 近づいて尚遠い「あとひとふんばり」(声楽221)

<<   作成日時 : 2010/06/25 15:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

子供の頃、泳ぎに行った時、親が少し離れて立っていて「ここまでおいで〜」と手を伸ばしているところまで、必死で泳ぎましたよね。実は親は少しずつ後ろへ下がったりして、たどり着いた時にどれだけ距離が伸びたかってほめてくれたりして。


今そんな感じです。

コンコーネ9番。まだ卒業ならず。「悪くはないのですが…」と先生。自分でも完全にいい発声で歌えるとは思わないので、まだまだだなあと思います。ほんとに一瞬でもいい発声の時はなんと楽なことか。それがわかってくると、声が一応出ていてもOKにならないのも納得します。


今日は発声練習に15分だったか20分だったかを費やしました。一番珍しい練習は「スー」と息を吐くだけでいつも発声練習のメロディを歌ったり(?)(歌ってないけど)それをコンコーネで発声の悪い時にもスーで歌って次に声で歌うということを繰り返しました。スーも、ほそ〜〜く出さないといけないのです。そして一生懸命お腹を使います。

家でもちょっと声が開きすぎてるかな?と自覚があったので、やっぱり開いてたんか…と思いました。それとお腹の支えのバランスですね。

もう一回練習ということになりました。スーで頑張っておきます。

歌「浜辺の歌」は時間がなくて今日は歌いませんでした。音が上がるところは同じようにスーで練習するとよいと言われました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

近づいて尚遠い「あとひとふんばり」(声楽221) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる