虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 少し前進(声楽240)

<<   作成日時 : 2011/07/23 00:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

私が勝手に決めた「発声強化月間」。もうこのままじゃいけないって感じだったのでなんとか自覚できるくらいに練習しなくちゃと思いました。ちょっとはましになりました。


コンコーネ14番、やっと終了。やれやれです。

上のミでつっかえてました。
13番でもミは出ていました。

先生は「前にミが出た曲を歌ってみて、その時の感覚を覚えて、14番もやってみたらどうですか?」と言われました。しかし、13番はなんかわからないけど、とにかく音が出なければ一生この曲を卒業できないので、なんかがんばったら出たというのが本当のところなので、正直に「なぜ出ないのかよりも、何故出たのかがわからないのです。」と言いました。

それ以来、今まで発声練習で色々やってきたことの中から、私が覚えていること「ニャー」とか「ズィオー」とかハミングとかそういう練習を家でやってみましたが、なかなか改善しません。でも、やらないよりは、どこが悪いのか、自分が何がわかっていないのかという確認が出来たり、頭の理解だけでなく、実質に声を出す訓練にもなりました。

家ではやはり、レッスン室で先生の横で声を出しているのとはあきらかに違うと思います。ちょっと遠慮して声を押し殺していたりしますので、本当にお腹の力で息を送り出す訓練がなかなか出来ません。それより私のまずいところはお腹が使えていたとしてもノドを知らず知らずの内に閉めていることでした。徐々に「今のは閉めていた」という自覚ができるようにはなりましたが、もっともっと楽に開放しないといけないのです。

その練習ですね。今日も一応コンコーネ14番ではミは割と力が抜けて出ましたが、まだ100%ではないので、かなり危険区域との境目にいます。一歩間違えば後退しかねません。家での基礎的な力を抜く練習を続けて身体に覚えさせなければいけないなと思いつつ。とにかくただいま5年目の後半です。そろそろましにならないとねえ〜。コンコーネではミだけでは終わりません。ファ・ソもあるし、一曲だけラが一回だけあります。ミが出なければその先はないのですから。息が身体を通り抜ける声。がんばります。

歌は相変わらず「初恋」今のコンコーネのレッスンが成果に表れる歌です。こちらも柔らかい声。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です
ベルティング唱法ってしってる?
NHKテレビでスエーデン特集やってる一環か、
Amazing Voiceという番組で「ABBA」の発声法は特殊だという番組だったのですが、それがスエーデンで昔から山で羊などを呼ぶ高い声ハイトーンヴォイス発声法と通じるベルティング唱法というんだとか。すごく遠いところまで声が届くのはびっくりです。お腹から声を出して前に出さずに鼻に抜けさせる高い声だけど、ファルセットではない声って、よくわからないけど、ticoなら理解できるかしら。声楽の発声とは違う祖運そうなんです。確かに普通の発声で歌うのとは全然迫力が違う声です。
世界にはいろいろな発声法があるのですね。
モンゴルのホーミーは、二つ以上の音程を同時に出すの。
AKO
2011/07/29 09:54
ご無沙汰です!
ホーミーは知ってますがスウェーデンのは知りません。ABBAも聞いたことないしイメージが湧きませんが、いずれにせよ、私が習っているのとは別のものなんでしょうね。
tico
2011/07/30 00:02
そっか、ticoなら知ってるかなあと
思ったんだけど、失礼しました(#^.^#)
AKO
2011/08/04 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

少し前進(声楽240) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる