虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS もうすぐ声楽発表会(声楽243)

<<   作成日時 : 2012/01/07 14:26   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

声楽発表会まであと少しです。レッスンの回数にしてあと4回。タイヘンダ〜!!


12月の最終レッスン日が16日でした。2回分のお休みがあって、新年は1月6日から始まりました。「ピアノ合わせは1/27にしましょうか?」って聞かれました。うわぁ〜、もうそんな頃なんですね。どーしよー。間に合うでしょうか。

実は、レッスンの前日、ちょっと歌ってみたんですよ。一番盛り上がる部分が上のミなんですが、それが出ません…。原曲はファ#なので、ここが出ないので転調して一音分下げたんです。下げた音で出るかどうか歌ってみたら、その時は充分出たので、この曲を発表会の曲に決めたのです。

先生の先生、田中恵津子さんが歌っておられるCD「春が来た」をパソコンに入れて、フリーソフトの「聞々ハヤえもん2」(http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se371704.html)から、音程を下げてみました。それに合わせて歌ってみたのですが、惨敗!!

どこが悪いんかなあとわかりません。

先生にいつも言われている注意を色々思い出してやってみますが、全然効き目がありません。

鼻から息を吸って鼻の奥を開ける。
腰と背中の辺りに空気を入れる。
唇をブルブル震わせて発声練習をする。
アゴが出ないように舌を緩ませてベエと出す。

などなど。

背中をもっと動かせられるように息を吸って短く切って「はっ・はっ・はっ・はっ」という練習などもやっていました。
それなのに、それなのに…、です。

レッスンの時に先生の教えに付いていくと、徐々に声が出ました。(^_^)結局、一番肝心なこと、というか、どれも肝心なのですが、身体全体の連携ですから、あっちに気を取られていてこっちを忘れるということでは、ちゃんと声が出ないわけです。その大事なことを忘れていました。

ほっぺを高くする。

鼻から息を吸って鼻の奥を開ける練習はしていましたが、その続きとして鼻の奥が上がったままにする為にほっぺを上げておくことを気にしてなかったようです。アゴのことを気にしていたので、ほっぺが下がってしまったかもしれません。

最近、ようやく声が出る仕組みを人にも説明できるようになりました。自分ではまだちゃんと出来ないこともありますが、楽器としての身体の使い方がわかってきました。あとは身につけること!楽器を使いこなすこと!

「歌ってると発散できて楽しいでしょ〜!」と人に言われることもありますが、歌うことが楽しいとはまだ思えません。歌うことよりも、自分の身体を思い通りに使いこなす「仮定と実践」が面白いです。

今、私が一番練習しないといけないことは、唇をブルブル震わせて発声することです。腰や背中に息を入れて、ずっと息を押し出していかないと唇の震えが止まってしまいます。

鼻の奥やほっぺは待ち受ける部分、共鳴胴で(いわゆるキャッチャー)、息を出すところは腰の辺り、ふいごになります(こちらがピッチャー)。その間にある声帯というオルガンやハーモニカのリードのように震える弁を空気が勢いよく通って音になります。

これが前の先生が言われた「お腹と頭がつながるといいんですけどね〜」っていう言葉の深い意味なんですね。

私はふいごが弱いので、唇の震えが止まります。歌っている時の身体の様子を人にも見えるようにした練習方法がこの唇を震わせる発声なんだと感心しました。声楽家(先生も含め)は『何もしてない』ような雰囲気でスーっと立ってるだけで、歌っているような風に見えています。口を大きく開けたり、リズムに身体が揺れたりしているのは見えても、身体の中のふいごがあれほどがんばっているとは、想像もしませんでした。唇を震わせる練習しているのと同じ身体の使い方で歌も歌わないといけないのだと、やっとわかりました。

ノドで歌ってるというのはふいごが使えてない・使ってない歌い方なんでしょうね。それでも声は出るのです。クラシックはマイクを使わずにホールの奥まで聞こえたり、オーケストラと一緒に歌ってもちゃんと聞こえたりという声を出す為の身体作りをする必要があるので、ちゃんとしたふいごを作らないといけないのですね。

人に教えることはできませんが、自分が何をできるようにしないといけないかということは、やっとわかってきました。

身体のあちこち、首、腰、背中などの筋肉を柔らかくする必要もあるし、基礎的な体力がないと息も吸えないし、立ってられないし、身体が楽器ということは楽器のメンテナンスをしないと声は出ませんね。

面白いですねえ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

もうすぐ声楽発表会(声楽243) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる