虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 合唱の練習13

<<   作成日時 : 2012/06/30 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はソプラノ3人とアルト私だけという4人の練習でした。7月末にまたデイサービスセンターへ歌いに行くので、今日は先生が新しい楽譜を持って来られました。



お年寄りばかりがお客さんなので、知っておられる歌ということで選曲されたようです。

「川の流れのように」

音が低いのでなかなか声がうまく出せません。ポイントが落ちてしまうのです。低い音で落ちてしまうと、高い音への流れが悪くなってノドを締めた声になってしまいます。私は全然発声ができませんでしたが、さすがに先生は低い音でもきちんと同じポイントの声でした。やっぱり低い音は難しいのだろうなあと思いました。

アルト一人だったので、かなり緊張しました。ピアノで音を拾ってくださるのですが、私は自分で納得しないと歌えない性格なので、無理矢理ピアノに合わせて歌いましたが、頭の中はハテナマークでいっぱいでした。練習時間中はなんとか乗り越えましたが、たいして歌えていなかったように思います。

それに、音を考えるのはなんとか出来ても、歌詞をつけるのは私の頭の作業としては音を把握した後になりますので、1番の歌詞、2番の歌詞がごちゃごちゃでした。できるならハミングで通したかったです。その上、歌詞の意味と歌う時の気持ちを言われたので、それは全くついて行けずでした。私の場合は次回ってことで、自分では諦めていました。


家に帰ってからさっそく音取りと歌詞を書き写して意味を理解することをやってみました。ひらがなの歌詞は私には意味がわからなくなるので、漢字まじりに書き写しました。それでやっと言いたいことがわかりました。来し方の人生について歌っているのですねえ。なるほど、ご老人向けにはちょうどいいだろうと思います。

個人的にはあまり好きな歌ではないので、やや、冷めています…。でも歌うことの練習には精一杯がんばります。練習課題だと思えば好き嫌いなど言ってる場合じゃないですもん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

合唱の練習13 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる