虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 精霊の歌(グルック)

<<   作成日時 : 2012/11/19 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

WOWOWでメトロポリタンオペラの「オルフェオとエウリディーチェ」をやっていたので見ていましたら、知ってる曲が流れてきて、探し始めました。


頭の中には小学校で習った(中学や高校ではなかったような気が…)と思う歌で「母は……」と、ここまでしか出てきません。メロディは全部覚えているのですが、歌詞は覚えてなかったです。グルックという作曲者は覚えていました。

それからすぐに、セゴビアがギターで弾いていた気がしたので、CDを一枚一枚見ていくと、「BALLET」という題名で、しかもちゃんと「from "Orfeo ed Euridice" ACT II SCENE II という注釈がついていたので、これは完璧です。ですが、<短調の部分は演奏されていません>ということです。

参考YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=39ecjWnJdj0
     13 Ballet des Champs Elysees : Gluck
この演奏でいうと中間部が短調ってことになります。私は別の曲だと思っていました。


それから、ギターの楽譜があるんじゃないかと探すと、やっぱりありました。弾いてないけど「母は…の歌だなあ」と思って見ていたのを覚えています。


それから、やっと小学校の音楽の教科書を探し始めました。6年生の教科書に「母」という題名で載っていました。当時は原曲についてはなんの記載もしなかったのですね。佐藤義美作詞と書いてあります。

画像



佐藤義美:「犬のおまわりさん」の作詞者なんだそうです!びっくり!私が小学6年生というと昭和35年ですので、犬のおまわりさんの作詞の少し前に作られたのかもしれませんね。詩人だったのですね。



ストーリーの参考に。
http://www.d3.dion.ne.jp/~rulicon/orfeoedeuridice.htm


YouTubeにいいのがありました。「ACT II SCENE II」から始まるところです。
http://www.youtube.com/watch?v=e_9c8nI075c

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

精霊の歌(グルック) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる