虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 何度目か、加瀬メソッドの本を読む

<<   作成日時 : 2013/01/24 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

冬のせいか、ノドというか声帯というかが乾いている感じがして、声が出にくい時があります。持っている加瀬メソッドの本に声帯を潤す準備体操のようなことが書いてあったなあと思い、また読み返しています。


本はスタジオ・レイ主宰の加瀬玲子さんの著書です。
ヴォイス・テクニックの真実
加瀬メソッド 発声・基本編

私が買ったのはまだ声楽を習う前、なんとか一人で発声を出来るようになりたいともがいていた時でした。詳細は以下の私の記事にあります。(現在は基礎編(上) 呼吸・発声と基礎編(下) 滑舌・ストレッチ の2冊に分かれています。)

http://cloudland.at.webry.info/200707/article_17.html
声が出にくいからヴォイストレーニングを独学ででもやらないといけないなあと思って検索して見つけたのがスタジオ・レイのサイト。そしてそこで紹介している加瀬メソッドの本を購入。(2002年4月)


その後も何度も取り出して目的に合わせて読んで、練習してみています。

最近は初めに書いたように乾燥している感じがしたので、歌う前に潤しておきたいなと思って読み返してみました。全部読むには量が多いので、これだ!と思ったところを重点的に読んでいます。

今回、声楽のレッスンのおかげで本の内容が以前より意味がわかるようになっていることに気がつきました。自分のことも。レッスンは30分なので、先生はあまり説明の時間を取られませんが、必要なことは端的に注意してくださっています。お腹の支えとは…とか、高音が抜けにくい人は「い」を練習する…とか、ハミングが重要…とか。

自分が理解したことの整理に役に立ちますね。そしてもう少し前進したいものです。
あ、自分のメモとして書いておきます。声楽は8年目に入りました。毎回のレッスンを無駄にしないように心がけていきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スタジオ・レイのサイトを見てみましたが
ほんとに難しいね。よくわからなかったけど
花粉症とか呼吸法とかストレッチとか
興味があるし、固まった体をほぐすのに
効果的かも。、落ち着いてもう一度
読んでみたいと思います
歌わなくてもためになりそうです
AKO
2013/01/30 09:39
スタジオレイのサイト
http://www.studioray.gr.jp/

最初に一番大切なのは呼吸法だと思います。私も鼻炎が治ってきましたよ。たぶん、発声することで鼻呼吸ができるようになったからではないかと思います。

スタジオレイのサイトでは中心呼吸というのを練習したらいいです。つまり、腹式呼吸といわれるようなことですが、腹式呼吸というと、お腹を膨らましたりして誤解が生まれることがあるので、言い方を変えておられるのじゃないかと思います。「丹田」というところを意識して、息をすった時に丹田が膨らむように。そして発声のところの「うつ伏せの中心呼吸」も、同時にやるといいです。背中側が膨らむ感じがわかります。

ストレッチでも中心呼吸をしながらやるといいです。深い呼吸はしんどい時でも血行がよくなって身体が楽になります。
tico
2013/01/30 14:40

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

何度目か、加瀬メソッドの本を読む 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる