虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS あれは3月のこと(声楽264)

<<   作成日時 : 2013/06/29 00:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あの、すーっとなぜか声がきれいにぬけてくれたのは、ブログで探してみると、3月15日でした。あれ以来、波が大波小波で、いい日やら悪い日やらやってきます。全然順調じゃないです。


6月7日にコンコーネ20番のレッスンが終わってから、7月に私がギターの会で歌うことにしている「明日」に重点を置くことにしました。まだ、「ミ」がちゃんと安定して出ないので、発表するとなるとかなりキケンな状態です。普通、先生が催される演奏会だったら、歌わせてもらえないくらいキケンです。今回は私のギターの会なので、多少無理を承知で発表することにしていますが、先生はそういういい加減なことでは終わらせられないので、ギリギリまで真剣に発音と発声に取り組んでいます。

ノドの奥は開いてきたようだと言われました。けれど、それにつれて、なんかドバーッと開いてバケツで水をひっくり返したような発声になっているので、かえって高い音が出にくくなっていると言われ、もう少し口をすぼめることになりました。

家で少し練習してみると、口をすぼめることにより、ノドが閉まってしまったのか、全然声が出ませんでした。もう、悲惨!涙ものです。でも、以前と違うのは気を取り直して、違う日にまたやってみるということが出来ていることです。ダメな日はもうずっとダメなので、欲張らないことです。

昨日、ラジオで小野リサさんの歌を聞きました。発声も違うしそんなに高い声は出していないのですが、あのゆる〜〜い歌い方を聞いて、私は力が入りすぎてるなあと思いました。がんばりすぎて、ノドやアゴやあちこちが固くなってしまって、声が出ないという結果かなと思いました。『息に声を乗せる』とか言われたこともありましたぁ〜。

家ではさんざんでしたが、がんばってレッスンに行くと、今日はちょっとましでした。この方向が安定するといいのですが。

発音時に息を前に出して、すぐに上へ抜くという発声。口は小さく。お腹の支えは今よりもっと!

私の安全確認の号令は「アゴよ〜し。ノドよ〜し。鼻よ〜し。お腹よ〜し。肩よ〜し。」です。いちいち確認して一番いいと思われる状態に身体を作っていくようにしたいです。そしてスーと前と上へ息を吐きます。

あーー!でもまだこわいです!!いつ自爆するかわかりませんからねえ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

こよみ

あれは3月のこと(声楽264) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる