虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS オペラの録画やらDVDやら

<<   作成日時 : 2014/03/14 13:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

WOWOWでMETのオペラをたくさん放送してくれているので、興味のあるものを録画してDVDに焼いています。オペラはまだ初心者なので、見たものがごちゃごちゃに記憶されていたりして、頭の整理に大変です!(笑)


今度、5月9日(金)に声楽の先生と仲間が立ち上げられたオペラ・アンダンテというグループが「フィガロの結婚」をされます。

“フィガロ”というと、オペラに詳しい友達に聞くと、ギター伴奏で歌うアリアがあるとか。ちょっとメロディを歌ってもらうと、なんか、知ってました!

“フィガロ”って、私にとっては大好きな車なんですよね〜!(^O^)もしかしたらオペラから名前を取ったのでしょうか?

それから、ずっと前に見たオペラでも“フィガロ”って名前がありました。先生に聞くと、「セヴィリアの理髪師」だそうです。見ていてもあまりわかってない私。あの“フィガロ”が「フィガロの結婚」で結婚するんだって!作曲者はロッシーニとモーツァルトと、違うのですが、台本はつながっているのですって!へえ〜〜!ですから「セヴィリアの理髪師」に登場したフィガロが、「フィガロの結婚」でスザンナと結婚するという話なんですねえ。


オペラでよくごちゃごちゃになるのは、パパゲーノの出てくる「魔笛」とか、オルフェの出てくる「オルフェオとエウリディーチェ」とかが、上記のフィガロ関係と混ざってしまいます。少し考えたら画面が出てきますけどね。「セヴィリアの理髪師」は真剣に見てないのと「フィガロの結婚」はまだ見てないので、あまりわかってないです。いやあ〜、まだまだ初心者です。WOWOWで一気に見るとなにがなんだかってストーリーが混ざってしまいますね。



さて、つい先日、スメタナの「売られた花嫁」のDVDを買いました。字幕には日本語がなく、英語で見ています。歌はドイツ語版でした。上演の機会が少なく、DVDもこれしかなくて。

「売られた花嫁」は深い思い出があります。私が高校生の頃、テレビで見たのでした。ネット検索すると1965年にスラブ歌劇団がNHKによって招聘されたようです。(それ以前にNHKはイタリアオペラを招聘していました。)(http://www.phoenix-c.or.jp/~harmony/opera1.html)(もう少し余談。高校生の時はフィッシャー・ディスカウばっかり聞いていて、来日公演があったのですが、高校生の為、行けなくて残念でした。)

それ、テレビの「売られた花嫁」を、小さなオープンリールテープに録音していました。全部ではありませんが、たぶん何度も聞いていたのでしょう、有名なアリアをよく覚えていました。その時は“ヴァシェック”と言っていたので、チェコ語だったのですね。買ったDVDも懐かしかったです。(もちろん見たものではありませんでしたが、うろ覚えがやっと目の前に現れたとほっとしました。)

急に「売られた花嫁」のDVDを買うに至ったのにはわけがありました。WOWOWで有名な指揮者、ジェームス・レヴァインのドキュメントを見た時に、若い頃に振った「売られた花嫁」の一部分が流れました。それが、私の記憶していたアリアでした!!これは全部見た〜〜い!と探したのでした。

余談ながら、イタリアオペラは何度も日本に招聘されて、1970年くらいにNHKで「トスカ」の最後の方をチラッと見ました。テレビが一台しかないので、家族がいないすきにちょこっと見ただけなのでしたが、それが、最後に高い塀の上から落ちるシーンでした。誰が落ちたのか、ズトーリー全体もわからなかったのですが、トスカ=落ちるという記憶でした。


「椿姫」はオペラを映画にしたのを(今で言うとMETのオペラ・ビューイングみたいなことでしょうね)フェスティバルホールで見たのですが、誰の椿姫だったか覚えていません。でも、チケット買って行ったのですから、興味はあったのでしょうね。この時の記憶は椿姫=亡くなるでした。(笑)


さて、昨年10月に見た、ナタリー・デセイの「椿姫ができるまで」の映画がDVDになって発売されます。5月2日発売予定。もう、予約しました!

WOWOWでもナタリー・デセイの「椿姫」を見ましたよ。

2月2日に中野綾先生のリサイタルで「椿姫」を聞いた時、オペラの場面が浮かんできて、楽しかったです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
むか〜し見たオペラ
古い話ですが、昔見たオペラのプログラムが出てきました。ようやく色々謎が解けました。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2014/05/12 22:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>誰の椿姫だったか覚えていません。

 テレサ・ストラータスです。指揮は、レヴァイン。オケはメト。演出はゼッフィレッリ。テノールはドミンゴです。当時のドリームチームによる作品と言えるでしょうね。

http://stone.tea-nifty.com/blog/
すとん
2014/03/14 21:16
すとんさん、こんにちは!
私が見たのはそうだったのか〜と思いました。テレサ・ストラータスってどんな人かなと思って検索したら、こんなのが出てきましたよ。
http://www.tk-telefilm.co.jp/traviata.html

この通りだとしたら、1982年って書いてますから、私はこれは見てませんね。リンク先の画像を見ても、これは見てないよと思います。すとんさんより年上なので、私がフェスティバル・ホールで見たのは1970年代。それも会社で働いていた年代からいうと、1972年頃かな〜ってとこです。もしかしたら白黒映画だったかなと思います。椿姫の最後のところ、白いネグリジェのような衣装が記憶に残っています。
tico
2014/03/14 22:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

オペラの録画やらDVDやら 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる