虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 中野綾ソプラノリサイタル(9/13)

<<   作成日時 : 2014/09/15 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県立美術館、ギャラリー棟アトリエに於いて、無料のコンサートがありました。約1時間、全11曲の歌とピアニストさんのソロ2曲でした。


中野 綾 ソプラノ
樋上 眞生(まお) ピアノ

中野先生は徐々に実力がついてきておられるという雰囲気です。日本歌曲5曲、イタリア歌曲4曲、あと有名な歌(?)2曲、アンコールに「Time to say goodbye」。

間のMCも初めて聞く人にもわかりやすく、親しみやすくという内容で、とてもよかったです。最近、先生はすんごく忙しいのです。あちこちに出演されたり、オペラの練習があったり…です。動いていることで、どんどん加速度がついていくという感じでしょうか。貫禄もついてきますしねえ。


ピアニストの樋上さんのピアノはすごくよかったです。歌の伴奏も情緒豊かですし、ソロはもちろん爆発ですね。



兵庫県立美術館へは以前クレーの展覧会に初めて行きました。
2009.5.12
http://cloudland.at.webry.info/200905/article_8.html

5年前になるのですね。色々変っていました。JR灘駅が新しくなっていました。JR灘駅はデザインもきれいで、歴史的価値があるので保存しようという運動が展開されていた頃に行ったのですが、今日行った時にはすっかり近代的で、いわば、設備は整っているけれど、どこにでもある新しい駅という感じでした。

駅の外へ出ると道はあまり変化がなかったです。

しかし!美術館の2Fへ入れる歩道橋が、もう、ウッドデッキみたいではなくて、舗装されてしまっていて、こちらも悲しくなりました。メンテナンスが大変になったのでしょうか。雰囲気あったのになあ。

今日は美術館の方へは行かなかったので、歩道橋からまっすぐ海の方へ行き、5年前にも入ったカフェへ行きました。先生のリサイタルが終わってから、友達と美術館の建物の見学にあちこちウロウロしました。友達は初めて来られたので、私の好きな場所を紹介して回りました。安藤忠雄さんの設計で遊び心いっぱいの建物です。海も見えるし、山も見えます。

私が海って言ってたら、友達は海のそばで育ったので、「あれは海じゃない。港やねえ」と言ってました。あ〜、港って言うのかと思いました。でも、私には充分海ですね!この美術館はほっとします。

5年前に写さなかった景色をアップしておきます。

画像


先生のリサイタルのおかげで、久しぶりにこの美術館へ来られてうれしかったです。



2009年に灘駅へ行った時はすでに仮駅舎だったのかもしれません。ホームはこのブログの写真と同じでした。
http://railblog.seesaa.net/article/27286693.html

2005年に知り合いの家へ行った時は古いままの駅舎だったのは覚えています。保存運動をされた人達は口惜しかったでしょうねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

中野綾ソプラノリサイタル(9/13) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる