虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS ロベルタ・マメリ ソングコレクション(9/29)

<<   作成日時 : 2015/10/11 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

メールでお知らせをいただいた5月から楽しみに待っていたコンサートでした。案内では私が知っている歌が多かったのです。

画像


ロベルタ・マメリ(ソプラノ)
つのだ たかし(ギター)
大阪、フェニックスホール


プログラム

ジュリアーニ
ソル
グラナドス
武満徹
ヴィラ=ロボス
モンポウ
ピアソラ


ギター関係の人だったら割と知っていると思う作曲家が並んでいました。

しかし、ジュリアーニとソルが歌曲を書いているとは知りませんでした。

他はCDで聞いていた曲が多く、武満徹以外は生で聞いたのは初めて。

ロベルタ・マメリはこれまで7回くらい、来日されていて、つのださんとルネッサンス、バロック(?)、のコンサートを開いて来られたとのこと。今回初めてつのださんがリュートからギター演奏へ変えられて「ソング・コレクション」というタイトルで新しい歌(バロックよりもね)のコンサートにしてくださったとのこと。それでやっと私の目に止まったのでしょうか。

タブラトゥーラのファンだったので、いつもメールは届いているのですが、気づかなかったです。

とてもほっとするコンサートでした。これまで7年のコンサートのおかげか、二人が親しくしている様子が緊張をほぐしてくれていました。

コンサート後、CDを買い、サイン会に並びました。今日のプログラムのCDはなかったので、ロベルタ・マメリが主に活動しているラ・ヴェネクシアーナというグループのCDにしました。

画像


LUZZASCO LUZZASCHI(ルッツァスコ・ルッツァスキ)(1545-1607)という作曲家の曲なので知らないものばかりです。ルネッサンス時代なんだそうですが。ジャケットのデザインがきれいだったので、とりあえず。

それと、BSのクラシック倶楽部で放送があったのですが、「ラ・ヴェネクシアーナ」という名前をどこかで見たなあ〜と考えながら思い出せず、そんなこともあって、買ってみました。

サインをもらいながら、つのださんには少し話かけられましたが、ロベルタさんには言葉が通じない為、必死の思いで「ピアソラ、タケミツ、モンポウ……」「LOVE」などと、単語を並べました。たぶんだいたいは通じたみたいで、「アリガト」って言ってくださいました。(笑)



この後、検索などして、ソルの「12のセギディーリャス」のCDや楽譜を探しました。CDはもう手元にありますが、楽譜はネットで注文し、外国から取り寄せなんだそうです。1ヶ月くらいはかかるかもしれません。CDと楽譜があれば…、さて、私はどうするのでしょう。(笑)ソルの「12のセギディーリャス」はフラメンコのようにこぶしが回っている為、歌うのは難しそうです。「Ariette Itariane」(イタリアの小さなアリア)こちらの方はイタリア語で書かれ、ソルのギター曲の雰囲気が漂う素直なメロディなので、もしかしたら歌えるかも…かも…です。でも習う時にピアノ伴奏がないので、どうしたらいいのでしょう?まあ、その時は先生に相談します。まだまだ実力はないので、いつのことやら?
でも、なんか楽しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ロベルタ・マメリがきっかけで
昨年9月にコンサートで聞いた歌のおかげで、もう、歌いたいという意欲で熱に浮かされていまして、それ以来楽譜を探すやらなんやらで、とうとう、4月10日のポキート演奏会で歌いました。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2016/05/05 17:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

ロベルタ・マメリ ソングコレクション(9/29) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる