虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS オペラ「夕鶴」CD

<<   作成日時 : 2015/11/01 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鮫島有美子さんの夕鶴のLDを見ていた時に、ふと、伊藤京子さんの声が聞こえた気がしました。そうだ、伊藤京子さんのCDを探そうと思いました。

http://cloudland.at.webry.info/201510/article_10.html

伊藤京子さんの夕鶴は聞いたことがありませんでしたが、私が高校生の頃は伊藤京子さんはテレビにもよく出ておられて、歌っておられました。ソプラノというと伊藤京子さんでした。それで声はよく覚えていましたので、ふと聞こえた気がしたのだと思います。

CDを探すと運良く、2013年に再発売されたCDがありました。初めのCDは1997年だったそうです。この録音は1970年だそうですから、きっと一番初めはLPの時代なんでしょうね。1970年というと、私はもうギターに夢中でしたから、声楽のLPは買ってなかったですね。ファリャの「7つのスペイン民謡」の入っているLPは買いました。もう、スペインへ傾いていたようですね。


今年2月に関西二期会の舞台を見て(つう:平野雅世さん、与ひょう:藤井零治さん)、それから、つい先日、鮫島有美子さんのLDを見たので、ようやくCDでも聞けるようになってきました。オペラのCDはよく耳に馴染んでこないと耳がお留守になってしまいますので敬遠していました。

http://cloudland.at.webry.info/201503/article_4.html

画像


画像


CDやLDについているブックレットをこれから読むつもりです。

私がなぜ夕鶴を見たかったか、自分でも記憶にありません。鮫島さんのビデオとCD、LDが1994年に発売されているようなので、パントマイムを始めて2年ぐらいだったからかもしれません。山本安英さんの夕鶴も見たかったのでしたが、機会がありませんでした。残念!

伊藤京子さんも鮫島有美子さんも、ほんと透き通ってますね。やはり鳥ですからね。人間のような欲のない存在として描かれているんでしょうね。團伊玖磨さんの作曲もほんといいなあと思います。ストーリーをよく描いています。伊藤京子さんのCDはスタジオ録音のせいか、音が際立っていて、それぞれの音がよく聞こえます。鮫島有美子さんのLDで聞こえにくかった部分もはっきりわかりました。舞台を録音するのって、難しいんでしょうね。CDはまだ聞いてないので、聞いてみたら感想が変るかもしれませんけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

オペラ「夕鶴」CD 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる