虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 第30回ポキート演奏会

<<   作成日時 : 2017/04/10 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつの間にか第30回となりました。年2回開いているので、15年間も仲間と開いているのですねえ!!第1回からのプログラムを製作者が持ってきてくださいました。なつかしい〜〜。


初めはパン屋さんの2階で始めました。4回目からは仲間の経営している塾の教室をお借りして。無料でいいと言われるのでご厚意に甘えまして、今もそこで開いています。演奏会への参加者はほとんど変わらず同じように歳を重ねています。昔は全員15歳若かったのですね!(笑)それと続いている一番の理由は、いつも打ち上げの飲み会があるということです!!ギターを弾くというより、きっとみんな飲む為に集まっているというのが本当でしょうね。「飲む為にはギター弾け〜〜」って言ってますもんね。(笑)


今回30回目というのはプログラム製作者以外は誰も気づかず、特に何もお祝いもなしでした。いつもと同じようにギターを弾いて飲みに行って。

ポキート演奏会の時はギターの先生も演奏してくださるので、要するに先生が来られる会なので、ポキティート演奏会(先生が来ない+ジャンルはなんでもいい+門下生でなくてもOK)よりは、一生懸命練習してきます。ハイ!!

というわけで、パントマイムで必死だった私も2〜3日前から慌てて練習し始めました。オロオロ (・_・ )( ・_・) オロオロ

がんばって1時間以上練習すると、なまってる指先が痛くなってきました。そうだったなあ〜、そういうことが起きることも忘れてましたです〜〜。あんまり痛くならないように練習はそこそこにしました。(>_<)

今回の演奏曲目。

タレガ エンデチャ/オレムス
     プレリュード No.11
ヴァイス ファンタジア (Dm。カール・シャイトの楽譜)


ヴァイスが弾きたかったのですが、このバロックとタレガ(ロマン派)の組み合わせは合いませんねえ。コンサートで言えば、1部と2部に分けるような雰囲気ですもんねえ。(タレガはギターのショパンと言われています。)

自分の好きな曲を並べましたので変な組み合わせでしたが、短い時間でやや形になる曲はこれしかないってことでした。


帰ってから、このままでは発表会に並べられないと思い、ヴァイスをメインに、もう1曲はド・ヴィゼーのパッサカリアを選びました。ずっと長い間気になっている曲ですが、なんとも間を持たせるのが難しい曲で悩んでいました。パッサカリアという言葉を音楽辞書で調べてみるとシャコンヌと形式は似ているとのこと。ははぁ〜、なるほど3拍子の2拍目から音楽が始まっていますね。さらに、フランスではロンドとも呼ばれているとのこと。そうですね。テーマ(ロンドの繰り返されるメロディ)と間にはさまっていくメロディが交互に出てきますね。かなり、納得。これを頼りに、曲を仕上げていこうと思います。

次回、9月のポキート演奏会では、出演者それぞれが自分の演奏曲プラス、エンデチャ/オレムスを弾くことにしました。人それぞれの演奏が個性的だろうと楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

第30回ポキート演奏会 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる