三井ツヤ子、リーダーアーベント(12/11)

前の声楽の先生の師匠が三井ツヤ子さんだったので、聴きに行ってきました。本格的な声楽のコンサートは初めてです。

~愛しきものに~
三井ツヤ子 リーダーアーベント(※注)
2006年12月11日(月)19:00開演
いずみホール

【プログラム】

「どうしてあなたを忘れられましょう--恐れないで、いとしい人よ」  (モーツァルト)

「人生は一つの夢だ」
「不幸な恋の慰め」
「ごくありふれた話」   (ハイドン)

連作歌曲「遙かなる恋人に寄せて」全6曲   (ベートーヴェン)

~休憩 15分~

「マダガスカル島先住民の歌」   (ラヴェル)
「桐の花」「すずしきうなじ」「またある時は」
 「甃の上(いしのうえ)」「木兎(みみずく)」  (中田直喜)

【アンコール】

「初恋」  (中田喜直)
「くちづけ」  (ベートーヴェン)
「聖霊の歌(こころの歌)」  (ハイドン)
「魔術師」  (モーツァルト)
「悲しくなったときは」  (中田喜直)

21:00終演




ギターの演奏会並みの演奏曲目です。ギターの時は自分がやってるので指が疲れてるけど大丈夫だろうみたいな気になりますが、(いや、実際のところは疲れておられるのでしょうけど。)声楽は私がまだまだ未熟な為、これだけ歌ってノドは?身体は?と、心配になります。アンコールをたくさん歌ってくださって本当にありがとうございました。とても素晴らしい演奏会でした。素晴らしい人を見ると、たった1年の私はあまりの偉大さに圧倒されます。

終演後のロビーで10月まで習っていた声楽の先生に出会うことが出来ました。ご自分の師匠のコンサートですから、遠くからかけつけられたそうです。たった1ヶ月程度会わなかっただけでしたが、とてもなつかしかったです。先生も後任の先生のレッスンで私がちゃんと続けているか心配しておられました。大丈夫ですよ~。少しずつですが、何かが出来るようになっていますよ。先生との8ヶ月のレッスンも楽しい思い出です。



(※注)リーダーアーベントの意味
ドイツ語 Lider Abend=英語 Songs Evening=日本語 歌曲の夕べ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月14日 12:08
そうなのですよね。
わたくしもよいものをたくさん聞いて、少しでも吸収できればと思っています。
 再開もされてよかったですね♪きっと先生も喜ばれたことでしょう♪
2006年12月14日 14:11
4人の先生のレッスンをいつも思い出します。結局一番初めの先生のおっしゃった言葉が今になってようやくわかって来たのだとつくづく思います。発声の説明と実際の練習という意味では今の先生と代教の先生(6月のみ)(=同じ発声法の先生)が私には一番わかりやすいです。ただ、どの先生も同じことを言っておられたのですが、受け取る能力がなかったようです。これから少しでも出来るようになったらいいなと思います。

この記事へのトラックバック