うちの家から見える桜

この家に引っ越しして来た時から、部屋の中からお花見が出来ていました。桜は私たちが来る以前からこの辺りの住民の目を楽しませていました。それがある秋の日に…。人間の手で…。何故なんだ…。住民はみんな悲しみました。

長い間植木を育てていた土地を、管理会社が変わったのか何の理由かわかりませんが、雑草がぼうぼうに生えてしまい、その草や小さい木を刈りに来た人がいました。もちろん誰かにちゃんと頼まれている人達なんですが。そういう土地の一部が舗装されて駐車場になったこともあり、家の前あたりも駐車場になるのかなあ~、いややねえ~と近所の人達と話していました。その草刈りの人が桜の木までも切ってしまいました。たぶん、それは間違いだったように思います。私は家の中で「あ、それは切らんでもええで」という声を聞きました。見てないので、それが桜の話だったかどうかは確かではないですが。でもその人達が帰ったあとに見てみると、桜の幹は50cmくらい切り込みが入った状態で立っていました。その2~3日後、完全に切り倒されました。きっと、あの切り込みが入ったままでは桜はもう生きていられないと判断されたのでしょう。

2005.11.24.

画像


2003.4.3.
満開の元気だった時の桜

画像


翌年、根っこから伸びた細い枝に一輪花が咲きました!何の理由で切り倒されたのかわからないですが、根っこはそのまま置かれているので、まだちゃんと生きていました。今年もまた小さい花をいくつかつけてくれました!ほんとに嬉しいです。大きくなるには何年かかるかわからないですが、事情が許す限り生きていてください!

2008.4.1.

画像


けなげなかわいい桜の花です!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 家の前の桜09年

    Excerpt: 私の家の前にあった桜の木が切られてしまってからもう4年になるのですね。 Weblog: 虹は雲のあとから見えてくる racked: 2009-04-09 20:32
  • 桜さん、ほんとうにさようなら

    Excerpt: 家の横の人の土地ですが、浸水対策の為に雨水貯水槽を地下に掘ることになりました。いよいよ、ほんとうに雑草と他の木と一緒に桜も掘り起こされてしまいました。 Weblog: 虹は雲のあとから見えてくる racked: 2010-11-03 16:31