朝げいこ---阿武松部屋(3/7)

朝が苦手な私でしたが、がんばって6時に起きて朝げいこを見てきました。部屋に到着したのは8時45分頃。もう上位の力士の稽古をやっていました。下位の力士達は朝6時から稽古を始め、終わるとちゃんこの用意をするのだそうです。


知り合いにいつも大阪の三月場所へ連れて行ってもらっていますが、朝げいこをいっぺん見に来てくれと言われ、がんばって早起きしました。やっぱり行った甲斐がありました。感想は後で書きます。まずは写真の紹介から。


阿武松(おおのまつ)親方

画像


公式サイト:阿武松部屋


力士全員が関取の若荒雄(写真右端)から順番に自己紹介の挨拶をしています。

画像



画像



個人的に注目の力士の紹介です。

藤本(幕下西17枚目)
 昨年の三月場所は7勝でしたが、7勝同士の優勝決定戦で惜しくも優勝を逃しました。今場所も期待しています!

画像



阿夢露(幕下東36枚目)
 体重も増えました。がんばっています!

画像



松緑(幕下東59枚目)
 雀三郎さんの落語会にも何度も来てくれています。琴三喜の付き人をしているので、テレビでよく見かけます。花道の奥の方にちらっと顔が見えます。

画像



若駿河(三段目西61枚目)
 雀三郎さんが一番のお気に入りの力士です。落語会にも何度も来てくれています。ひざの大けがから復帰して、どんどん番付を上げてきています。

画像



松乃海(三段目西99枚目)
 三段目と序二段を行ったり来たりしています。おとなしくてやさしいのが欠点です。BS放送で見られる位まで上がって来てください。2008年7月に三段目東37枚目に上がった時はギリギリ、テレビでも写る日もありました。あれが最高位でした。待ってます!

画像



松乃海+能登櫻(三段目東68枚目)
 よく似た二人です。始めは見分けがつかなかったのですが、もう最近はバッチリわかるようになりました。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年03月08日 18:21
 うわーい、相撲部屋に行って、朝稽古の見学ですか? う、うらやましーい! 私も相撲部屋の見学って大好きです。ま、自分自身が学生時代に柔道をやっていた格闘系の人間というせいもありますが、肉と肉がぶつかりあう様が大好きです。

 高校卒業後、真剣に、相撲部屋に入ろうかと悩んだ事があります。結局、ツテがなくて、道がなくて、あきらめて大学に進学したのですが…。

 知人の案内で、一度だけ芝田山部屋に見学に行きましたが、その日の事は絶対に忘れません。

 湘南に住んでいると、なかなかお相撲さんと身近に接するチャンスがないのが残念です。
2009年03月08日 21:13
すとんさんは今からでも遅くない…???(笑)

それはともかく、知り合いがもう40年来の阿武松親方=元益荒雄=の友達なので、必然的に阿武松部屋ばっかり行ってます。同じように雀三郎さん関係の噺家さん達も阿武松部屋へ行ってます。人とのつながりってそういうことなんでしょうね。

以前はテレビで見るお相撲さんくらいしか知らなくて、番付の名前(幕下とか三段目とか)も全然わからなかったのですが、見始めるとわかってきますね。それに、どのお相撲さんも顔を覚えるとかわいいです。みんながんばれ~って感じです。

湘南は東京の相撲部屋へ行くにも遠いですねえ。私の家から阿武松部屋の大阪宿舎までは1時間45分くらいでした。
Chitarrita
2009年03月11日 21:40
えーっ 益荒雄のことだったんですかぁぁぁ!知らんかった!
上位陣をばったばったと薙ぎ倒す快進撃は、今でも記憶にあります。
アンコ型力士ではなくハンサムでカッコいい漫画『両国花錦絵』の主人公そのものでした。うっとり。
今はほとんど見ませんが、その頃は大相撲の勝敗がとても気になってたものです。
帰宅して「ただいま」じゃなくて「パパ!益荒雄、勝った?」でしたから。
うらやましいなぁ朝稽古見られたなんて!
2009年03月11日 23:26
ご縁って不思議ですねえ!
私は昔は旭國のファンでしたので、旭國引退後、相撲を見なくなっていました。それで、益荒雄のことはほとんど知らないのですよ。申し訳ないです。名前くらいは聞いていましたが。ニュースで流れる程度くらいしか見てなくてね。千代の富士は知ってましたが。

旭國引退:昭和54年9月:32歳

益荒雄初土俵:昭和54年3月:17歳
引退:平成2年7月:29歳

私の知り合いは益荒雄17歳の時から知っている(つきあいがある)んだそうですよ。

この記事へのトラックバック