島田篤、清野拓巳 AT BIGAPPLE (10/23)

昨日22日のわからん屋に続いてBIGAPPLEでのライブ。なんでか、この二つが連続することがよくあって、前回はBIGAPPLEの方は行けませんでした。結構、体力勝負なのでねえ…。


今日は何かしらないけど「ちょっと考えていたことをやる」という風に島田さんのブログに書いてあったので、何をするんだろうなあと思ってました。

たぶん、あれだろうと思うのですが、サンプラーとかいうんだそうです。人の会話みたいな音とかせみの声みたいなものとかがそれとはっきりわからないように音を変化させてあるものと、ピアノとギターのインプロ。楽器の方にもエフェクターを通してあるので、そのままの楽器の音ではなかったです。島田さんと清野さんのライブの時は前からインプロだったのですが、それが一つ先へ行ったというか、挑戦というか、実験的というか、そういう感じでした。1部の最後に清野さんの曲「FLOW」。途中、ちょっと緊張が勝ってきました。ふと枝雀さんの「緊張と緩和」を思い出しました。もうそろそろ緊張から解放してほしいなあと思っていると「FLOW」が始まったのでほっとしました。


2部は今までにないピアノを聞きました。しばらくの間、単音の四分音符ばっかりくらいのゆっくりした曲で、それにギターがユニゾンでかぶっていきました。なんということはないようですが、新鮮で面白かったです。それから徐々にピアノも和音になっていき、ギターも音が細かくなっていきました。そして、色々ありまして…最後に清野さんの曲「FADE」。


本当はアンコールも言いたかったのですが、もう私の帰る時間でしたので、長い拍手をするわけにもいかず、すみませんでした。

BIGAPPLEはほっとする会場で、そこにいると時間も場所も忘れてしまいます。そこにいる間は幸せなんですが、終わって現実に引き戻された時、「終電は?!」と、途端に時間に追われ、家までの長い道のりが浮かんできます。夢やぶれて…。




昨日のわからん屋の記事に「山崎まさよし、奥田民生、斉藤和義、長渕剛」という名前を書いていたら、いつもの記事よりアクセスが多かったのでした。急に島田さんが人気出てきたかって驚いていましたら、違いました…。インストも歌もいいのにねえ。なんでかお客さん少ないんですよねえ。山根康宏のバックミュージシャンでもあるんですよ。でもそれだけではないオリジナリティに溢れているんですよ。タンゴバンドなんかではいっぱいになるみたいなんですけどねえ。ソロも聞いてくださいね!



ついでに私の話ですが。言わなくてもいい内容なんですが。じゃあ、書かないでおきましょう…。(笑)


いや、誰に向けて言っているわけではないのですが、やっぱり歳のせいですかねえ。人間としてのエネルギーが徐々に落ち着き始めています。歳を取ると脈拍も少なくなるんだそうです。行動もゆっくりでないとできないし、頭の回転も遅くなりますし。それはそれで、個人のペースとしては全く生きるのに問題はないのですが、私がどうも若い人の中へ入っていくタイプでして、若い人たちのエネルギーに圧倒されています。世の中には歳とは関係なく一生「ロックだぜ!!」なんて言って生きる人もおられますが、私はどっちかというと地下室へ一人もぐり込むような感じがしています。そのせいか、ソロが好きなんですね。

それと、爆音とか破壊とか炎とか叫びだとか、そういう類のものがこわいので、映画でもそういうのは見ませんし、音楽もそれを連想させる音は好まないです。昔は気にならなかったことが徐々に気になり出しました。

マイペースで穏やかに生きていこうと思います。
かといって、ダラダラするのは退屈だしね。がんばるのは好きなんですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

しまだ
2009年10月24日 16:45
連夜のご来場、ありがとうございました!
ほっとする場面、大事ですね。
緊張ばかりだと、集中力がもたないですもんね。
それにちょっと怖い系の音もあったかも知れません。
手応えはあったので、もう少し精進します!

あ、私は何をやるのもトロくなってきました(笑)
2009年10月24日 21:24
しまださんがいくら「トロくなってきた」と言われてもまだまだ…充分余裕ありますよ。

今週は土・日は用事がなかったので、連日でも大丈夫だったのですが、用事があったら無理だったでしょうね。でも、毎週土曜日の朝は8時頃から友達と歩いているので、深夜に帰宅して朝起きるのがしんどくて、それで金曜日のBIGAPPLEはきついんですよ。でも、今朝も歩きましたよ。わざわざ歩かなくてもいいくらい、トアロードの坂を上り下りしましたけど!(笑)まあ、友達に迷惑もかけられないし、起きました。
しまだ
2009年10月30日 04:06
そうそう、そういうことでアクセス数って増減しますよね(笑)
こうして取り上げてもらって、生をチラッとでも見ていただけるだけでも、ありがたいことです!

あのピアノとギターのユニゾンの曲は、無調のバッハというイメージで昔作った曲なんですよ。
サンプラーも、あの曲当時活発に活動していたバンドKYAの為のものでしたが、温故知新的な気分と、清野君と演るというだけで随分違うもの新しいものになるという、両面を味合わせてもらいました。
しまだ
2009年10月30日 04:11
上のコメントで変換ミスが。

>こうして取り上げてもらって、名前をチラッと…

>サンプラーも、あの曲も当時…

が、正解です。
度々お騒がせしました。
2009年10月30日 10:35
×生、○名前
×あの曲、○あの曲も

ですね!了解です!

「生をチラッとでも」も見て欲しいですねえ~。

>バッハ

やっぱり私はここへたどり着くかっていう思いです。バッハのイメージではあるけれど、音は全く斬新でした。だからパッと聞いただけでバッハを思わないのですが、気に入ったという思いと「無調のバッハというイメージで昔作った曲」という説明で、なあ~~るほど!と納得しました。

この記事へのトラックバック